After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 能「経正」 | main | 映画「ヒューゴの不思議な発明」 >>
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
 この頃涙腺も老化してきて、この映画、涙があふれ出てきてどうにも止まらなかった。私はもともと泣き虫。恥ずかしい話、感動するとすぐ涙目になってしまう。カミさんと一緒に映画を見ると、こちらがしきりに涙を拭いているのに、向こうはサラッとしているのでいやになることがある。(だから映画は基本的に私ひとりで行く。)
 "Think positive."(前向きに考えよう)ということが、幼いころから教え込まれるアメリカ。しかし最愛の父を失った10歳の子供オスカー(トーマス・ホーン)にとって、心の空白を埋めることがどれほど大変なことか。なんと父親(トム・ハンクス)はワールド・トレードセンター崩壊(2001年のあの9・11事件)に巻き込まれて死んでしまったのだ。父を急に失った事態、心がうつろだから思い切り泣くこともできない、叫ぶこともしない。母親(サンドラ・ブロック)も祖母もどうしようもない。あれから一年経っても変わらなかった。乗り物を嫌ったり、人込みを嫌ってガスマスクを着けたり、やや病的な気配はあるものの、祖母の部屋の間借り人、口のきけない老人(マックス・フォン・シドー)と仲良くなった。父親の遺品として見つけた謎のキーの探索に一緒に乗り出した。そしてそこに大勢の愛すべき人々を発見した。みんなからも自分が愛されていることがわかってきた。
 脇役も皆よかったが、なかでもマックス・フォン・シドーの演技がなんとも渋い。私は10歳という多感な時に、父親とあんなに濃密な時間を過ごしていたことに、少しうらやましい気持ちさえ持ったが、それにしても大勢の人々を殺した相手に対する呪詛が少しも聞こえなかったのは不思議。それはまるで自然災害に遭ったような感じもした。スティーヴン・ダルドリー監督。
| Movie | 12:01 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:01 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/814
トラックバック
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
| 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 2012/03/08 8:11 PM |