After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 河島英昭『イタリア・ユダヤ人の風景』 | main | ナタリア・ギンズブルグ「ある家族の会話」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
映画「ゴーストライター」
 功成り名を遂げた政界や経済界の大物が自叙伝を書くとき、出版社はゴーストライターを貼り付ける。主人公(なんと最後まで役名がでない!ユアン・マクレガー)が元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)のゴーストライターに選ばれた経緯は、前任者が不慮の死を遂げたためと説明される。必ずしも25万ドルという多額の報酬につられた訳ではないが、引き受けるとすぐに暴漢に襲われてひどい目に遭う。アメリカの東海岸の孤島に隠れ住んでいる元首相は、折から国際刑事裁判所から告発を受けかなり苛立っている。前任者の死に疑問をもったゴーストライターは次第になにか黒い影に囲まれてゆく気配。問題は自叙伝の内容に関わるらしい。
 たのしいエピソードを付け、自分の功績は最大限に誇張、都合の悪いことは全く無視するか、ごくチラリと触れるだけで済ますのが自叙伝の常套。しかしライターとしては読者の関心を引きつけねばならない。出版社としてもセンセイショナルにこの裁判を利用したい。だから早く本を出したい。
 映画は激しい格闘シーンなどなかったが、なかなかスリリングな展開で十分楽しめた。中東政策で対米追従外交をした英国元首相は、明らかにトニー・ブレアを対象にしているとわかり、あそこまでおちょくってしまっていいものだろうかと非常に気になった。もし、これが日本の歴代首相だった場合、日本国内ではどんな反応があるだろうかと思った。私は、だからアダム・ラングが最後に手強く反撃してくるのを予想していたのだが・・・彼の政治的ビジョン、哲学を聞く機会を逃してしまった。それはまた別の物語なのだろう。
| Movie | 11:00 | comments(0) | trackbacks(6) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
映画:ゴーストライター
 ゴーストライダーとは名前は似ているけど全く違う作品でした。(当たり前か。)と言うわけで、ゴーストライターを見てきました。  っていうか、自称映画ブログのくせに映画の記事は20日ぶり・・・。見たのは1ヶ月以上前・・・orz
| よしなしごと | 2011/10/30 3:24 AM |
「ゴースト・ライター」★★★☆
「ゴースト・ライター」★★★☆ ユアン・マクレガー 、 ピアース・ブロスナン、 キム・キャトラル 、オリヴィア・ウィリアムズ出演 ロマン・ポランスキー監督、 128分 、2011年8月27日全国順次(名古屋では10月1日から) 2010年 フランス=ドイツ=イギリス | (原題
| soramove | 2011/10/10 4:22 PM |
ゴーストライター
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/09/24 6:22 AM |
映画:ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男
巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー) ス
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2011/09/15 3:45 PM |
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
| 映画のブログ | 2011/09/11 1:41 AM |
サスペンスのお手本のような
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出
| 笑う学生の生活 | 2011/09/08 9:53 PM |