After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 奥秩父紅葉ドライブ | main | 大泉啓一郎 「老いてゆくアジア」 >>
映画 「アフター・ウェディング」
 デンマークの映画が上映されるのはめずらしいが、内容はごく一般的な家庭劇である。インドで孤児の救済活動をしているヤコブは、故郷デンマークに帰って実業家ヨルゲンに資金援助を依頼するが、ふとしたはずみに彼の娘アナの結婚式に招待されてしまう。だがなんとヨルゲンの妻ヘレネは昔ヤコブの恋人であり、アナはヤコブの子供であることが結婚式へ行ってはじめてわかる。最初これはヨルゲンの仕掛けた罠かなとヤコブは思うが、全くの偶然のいたずらであった。ヤコブはそれまでヘレネの別れた後については何も、別れたとき妊娠していたことすらも知らなかった。実業家としてはワンマン、しかし家庭人としては良きパパだったヨルゲンは自分の子供としてアナを愛し育てて、ヘレネとも相思相愛の夫婦であったが、身体の変調を自分ひとりの秘密にしているのだった。
 インドで六万五千人の孤児を救うのか、自分のエゴの為にヨルゲンの無理な頼みを断るのか、ヤコブの悩みは確かに大きいが、私には大男の実業家ヨルゲンが妻ヘレネに『死にたくない』と叫んで、のた打ち回る姿がとても印象的だった。映像は人々の眼差し、壁に掲げられた剥製の動物たちの眼差し、そしてそれらの先にあるものを強く感じさせる感動的な作品だと思う。
| Movie | 00:01 | comments(0) | trackbacks(5) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/333
トラックバック
アフター・ウェディング
2006 デンマーク 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:切ない、カッコいい 出演:マッツ・ミケルセン、ロルフ・ラッセゴード、シセ・バベット・クヌッセン、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン マッツ・ミケルセンの魅力満載のスサンネ・ビア監督作品
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/03/04 6:42 PM |
DVD:アフター・ウェディング 2009年、芯をくった第一号という感じ。
新作で出回り始めている、去年のアカデミー賞外国語賞ノミネート作品。 一言でいうと、出演俳優が全て良く、かつ演出も巧み。 リアルな人間ドラマに仕上がっている。 人の感情がどのように人に伝わって影響力を及ぼしていくか、とか考えさせられた。 よくよく考えると
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2009/01/28 5:59 AM |
「アフター・ウェディング」
やはりこの監督さんの作品には余韻が残ります・・
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/01/12 10:08 AM |
アフター・ウェディング
 『愛は、死なない。 命の終わる日を知った時、 大切な人に残したいものがある。』  コチラの「アフター・ウェディング」は、"デンマークが生んだ恐るべき才能"スザンネ・ビア監督が"日常に潜む運命に絡めとられていく男と女の究極の愛のカタチ"を描いた10/27公
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/15 9:12 PM |
真・映画日記『アフター・ウェディング』
JUGEMテーマ:映画 11月12日(月)◆622日目◆ 終業後、有楽町駅前に新しく出来た「シネカノン有楽町2丁目」へ。 ここは2つスクリーンがあり、この日は小さい方に。 5、60人しか入れないスペースでまさしくミニシアターである。 午後7時くらいからデンマー
|            | 2007/11/15 11:42 AM |