After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society | main | オリンピック・テーマソング >>
船橋市合唱祭

JUGEMテーマ:趣味


 日曜日船橋市中央公民館で開かれた第65回合唱祭を聴きに行った。最近無性に音楽に浸ってみたいという思いが強い。今ごろ声を張り上げて日頃の鬱憤を晴らそうと言うわけではないが、音符も読めずにコーラスグループに今更加入できるだろうかと怪しむ気分も強い。この合唱祭、ともかくたくさんのグループが競って歌う中で、(なにしろ約40チームがエントリーしていた。)自分が混じれるものがあるかどうか?
 午前の部の途中から午後の部の途中まで聴いたが、どのグループもよく訓練が行き届いて歌が上手い。敢えて楽しそうに歌っているグループを挙げるなら、コーラスならしの、コロール・ヴォーチェ、ハッピープリズム、アダージョ、マンマ・ベルヴィーゾなどだったろうか。皆気心が合っていて、歌の心がこちらに暖かに伝わってくる気配がした。(聞き逃したグループはごめんなさい。)
 独りよがりのカラオケではつまらない。精々15人ぐらいのグループで、(それ以上だと皆さんの名前が覚えられない。)楽譜が読めなくとも多少音楽的感動を共有できる、そんなコーラスグループはないだろうか?しかし結論はあらためて非常に難しそうだなと思った。
 
| Art | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック