After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 嶋田義仁「優雅なアフリカ」 | main | The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society >>
台湾小旅行

JUGEMテーマ:旅行


 朝暗いうちに台北のホテルを出て散歩を試みた。時計を見たら6時前、しかし一時間の時差を修正していなかったことを思い出した。でも日本なら5時少し前でこんなに暗いだろうか。島崎藤村の一節を思い出した。建物が薄暗い、街路樹も老木で曲がりくね、どこもこれといって特徴のない街の表情に幻惑されて、自分がどこにいて、どこへ向かっているのかやがてわからなくなった。早朝から店を開いている餃子屋のオニイちゃんに英語で尋ねる。仕事の手を止めてズボンのポッケからケイタイを取り出すと二度三度逆さまにし、さらにもう一度二、三度回転させてからやっとホテルの方向を指さした。申し訳ないことに、わが懐には台湾のお金は一銭もなく、ただ「サンキュー」と言うばかりだった。ホテルの脇には昔日本人の墓があった割と大きな公園があったことを思い出した。
 二人の息子のよめさんたちが万端準備した初の海外家族旅行(総勢8人の大部隊)は、3泊4日の台湾紀行。こちとら、迷子にならない様に、皆さまのお荷物にならない様に、病気やスリに出会わないよう用心を重ねたつもりだが、その本心は金子光晴の東南アジア紀行。いつ、どこへ消え去っても可笑しくない心理状況だった。
 私の唯一の希望は「故宮博物院」だったが、日曜日のためか非常に混んでいてゆっくり見学できなかった。中国近代史でもう百年近い年月が過ぎているのに「中国共産党」の業績には一切触れていないのは当然か。それから秦の始皇帝の墓発掘についても、私の見落としかもしれないが何もなかった。(船橋の市役所の玄関にまで兵馬俑が飾ってあるのに。)
 台湾と言えば、司馬遼太郎の「台湾紀行」に出てくる八田與一であり、後藤新平であり、野球の嘉義農林であり、東山彰良の「流」であった。かなり押し付けだけれど、一方的にじわっ〜と愛情を感じるのは何だろうか。失った中国文明への憧れか?人混みの中を練り歩く史林夜市、十分の天燈ランタン飛ばし、九分でのお茶(あの「千と千尋」に出てくる茶楼『阿妹茶楼』で、長く待たされた後にようやく旨いお茶にありつけた。)などいろいろ話題はあるが、私にとって最高の収穫は台湾式のマッサージだった。最近聴力が衰え、もともと回転の遅い脳細胞は増々不活発となってとみに思考があやしくなってきていた。足裏から頭皮までこのマッサージで大幅に元気回復したのであろうか、そのあと4、5日すこぶる快調だった。これが永久に続けばなあ!
| Travel | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:56 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1250
トラックバック