After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 好きな「そば」は、何そば? | main | 塀のあさがお >>
映画「ガーンジー島の読書会の秘密」

JUGEMテーマ:映画


 この長い題名の映画、”The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society”は第二次世界大戦が終わって3年ぐらいの経過したガーンジー島を舞台にしているが、勿論終わったばかりの戦争の傷跡を皆振り返らないではいられない。この島や隣のジャージー島はフランス本土からほんの20〜30辧英国本土から100劼曚匹藁イ譴織ぅリス王室領だが、ナチス・ドイツとの闘いが始まると早々にイギリスはその防衛を放置してしまった。イギリス領土で唯一ドイツに占領された島だという。ドイツはこの島に砦を築き、地下道を廻らしたが、ヨーロッパ大陸への連合軍の猛烈な反撃・ノルマンディ上陸作戦はすぐ隣の海岸で行われたのだった。
 作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)はふとしたことから、この島で戦時中読書会を開いていた人々と知り合いになり、その会の秘密に触れることになった。しかしこの会を主宰していたエリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)の姿が見えないし、彼女の話題に触れることを皆避けていることを知った。戦時中占領されている島は戒厳令は敷かれているし、食料は大幅に制限されていたであろう。読書会を名目にした小さな集まりはこのような不便を紛らわすささやかな食事会でもあった。やがてエリザベスはドイツ人の青年医と恋仲になり、農家の青年ドーシ―(マイケル・ユイスマン)は振られる形となった。その上彼女は潔癖でもあった。戦時であろうがドイツ軍の汚いやり方には声を上げないではいられなかった。戦争さえなければ・・・そうこの映画には激しい戦闘場面が一切なかった。彼女と青年医師との幸せな時期はほんの一時・・・可愛い女の子が生まれ、あとに残されてドーシ―が面倒を見ることになった。終わったばかりの戦争を敵味方の憎悪の視点からではなく、戦争それ自体を憐れまないではいられないこと。そしてガーンジー島の美しい自然と、人々の優しさに感動せずにはいられなかった。監督マイク・ニューウェル
| Movie | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1246
トラックバック