After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 松島へ | main | 科学博物館へ >>
キャロット公園の盆踊り

JUGEMテーマ:地域/ローカル


 JR津田沼の南側領域の大部分を占める「奏の杜」の空間に、今や「ザ・タワー」なる44階建ての高層マンションの最上階が姿を見せてきた。積み木を乗せるように3階から4階分を一気に持ち上げてゆく工法を採っているようで、慣れるにしたがって上に揚がるほどそのスピードはアップしているようだ。驚くことには既に全戸完売だという。そんな街並みの一角にこのキャロット公園は存在するが、大勢が輪になって踊るには少しスペースが不足だった。奏の杜公園の広場を使えば、櫓でも建てられるのにと思ったが、なにかとやかましい規則があるかもしれない。
 屹立する高層マンション群に囲まれたこの小さな公園は、200人足らずの近隣住民ですぐ満杯になり、太鼓やスピーカーの周囲を三重、四重に囲んで踊りの輪ができたが、ものの1時間ぐらいであっという間に盆踊りは終わってしまった。「こうやって皆で昔盆踊りを楽しんだものだよ。」と小学生たちに眺めさせる程度のものだった。地球の反対側、南米アルゼンチンの町の盆踊りは、5千人以上の人々が楽しんだと、私はつい最近英会話のニュース教材で読んだばかりであった。
 50代、60代のベテランの女性たちがあまり見かけない。昔は婦人会やなにかでそろいの浴衣を着て踊っていたエネルギッシュな踊り手たち。また年寄りもほとんど見かけない。以前ならこの盆踊りだけは颯爽とやってきて、優雅に踊りまくる老人たちはいまやどこへ行ったのだろう。『また今年もやってきました。』と笑顔だけで元気を分けてもらえたものだ。そのうち秋田羽後町の西馬音内の盆踊りのように、蓑笠や継ぎはぎの衣装で身分や年齢を隠して踊らなければなくなるのか、と少し暗い気分になった。(2009年8月23日の当ブログ参照)
 踊りの周りで金魚つりの模擬店が店を出していたが、そのプラスチックの金魚を捕まえる薄いネットがなかなか破れなくて小さい子でも沢山採れてしまうのには笑ってしまった。それでも金魚は一匹だけよ、と言われ、あとは小さなあられ玉のようなボールにいまや金魚釣りもすっかり変わってしまった。
| Diary | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:46 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1243
トラックバック