After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 濫読、積読 | main | ミュージカル「マイ・フェア・レディ」 >>
洗濯機の反乱

JUGEMテーマ:モブログ


 今年の初めごろから洗濯機が不調で、これはもう買い替えねばならないか、と思案していた。「ピー・ピー」鳴ってはまだ洗濯途中なのにすぐストップして、一回一回ボタンを押しに行かねば次に進まない異常事態に突入した。もうこれを買ってから14、5年は経過しているだろう。カミさんと電気屋に次の洗濯機の機種をどれにするか下見にまで行った。3月ごろにはこの引越シーズンが過ぎたら買い替えようかと相談していた。
 私はTV東京が企画する「職人ワゴン」という番組が好きでよくみる。大工とか左官、家具職人とか5、6人のチームで、ワゴン車に乗ってギリシャとかモルドバとかポーランドの片田舎に出掛け、幼稚園とか老人ホームなどの施設でひょいひょいと壊れた施設や道具を治してみんなに喜ばれるという他愛無いテレビ番組だが、いつもほのぼのとして見ている。中でも電気関係の修理を担当するオヤジさんがいて、その腕前にほれぼれとする。絶対そんな「名人」が私の周囲にもいるはずで、彼に見てもらえれば必ずこの洗濯機も息を吹き返すだろうと思った。
 そこではじめて「洗濯機の故障」という項目でインターネットを検索した。このボンクラ頭にも「排水」が満足にできていないことがすぐ判明。洗濯機と排水溝とをつなぐホースを点検したところ、なんと楊枝が7、8本詰まっていて、ゴミもそれに絡まって排水が十分にできていなかったのだ。それらを除去して洗濯機を動かしたところ、至極快調、全く今までなんだったのだろうと思うほど、静かに短時間で洗濯が終了して、カミさんと手を握り合わんばかりに喜んだ。それにしてもこの根本の原因は私が食後に使う楊枝の不始末に起因し、テーブルクロスに絡まって洗濯機に放り込まれたもの、とカミさんから断罪された。まあ、お陰で洗濯機は買わないで済んだ。めでたし、めでたし。
| Diary | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1239
トラックバック