After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「グリーンブック」 | main | 三日見ぬ間の桜 >>
映画「メリー・ポピンズ リターンズ」

JUGEMテーマ:映画


 ウォルト・ディズニーの映画は、最後どうしても幸せ色の‶甘ちゃんの映画になってしまう。ましてや二匹目のどじょうを狙ったこの作品では、果たして映画のテーマが貫かれたどうか非常にあやしい。グリムの『白雪姫』の初版本ではその母親は実母であって、その彼女は最後は真っ赤に焼かれた鉄の靴をはいて死ぬまで踊らされた。本来の『シンデレラ』では、意地悪な姉妹達は足の親指や小指を切り落としても無理やり小さなガラスの靴を履こうとした。デズニーの映画はそこら辺をサクっとやり過ごしている。この映画、ジュリー・アンドリュースで成功した『メリー・ポピンズ』のリバイバル版は、最初のときの設定(1910年頃)から約25年過ぎたロンドンを舞台にし、やはり不景気に苦悩する同じバンクス家を描写するが・・・・
 きりきりの生活をしているバンクス家に「ナニー」子守がいるなんて日本の家庭では想像がつかないが、イギリスの中流家庭にはこのような子守や家政婦、料理人がいたようだ。そのナニーが交代してお馴染みのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が空から降ってくる。もう皆に顔なじみになっている。この家の主人マイケル(ベン・ウィショー)は奥さんに早先立たれて3人の子育てに悪戦苦闘していた。銀行のパート・タイマーを勤めるマイケルはこの恐慌時代自分の職を維持すので汲々としているが、前作では婦人参政権運動に精を出していた妻の代わりに、マイケルの姉のジェーンが弟の家庭を見ていた。
 ちょっと不思議だったのは下層の労働者を象徴していた煙突掃除の男たちは、いまやガス灯の点灯夫となって軽快に自転車を乗りこなしていたことだ。まるでサーカスの曲芸師のようだ。彼等の底辺の労働階級の意識のようなものは全く見当たらない。煙突掃除夫が前作で見せたユーモラスな態度も見受けられない。至極明るく軽快そうだったのには驚いてしまう。いよいよ大恐慌が始まるというときに、社会全体こんな能天気なことで良いのだろうかと不安になった。 
| Movie | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:12 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1235
トラックバック