After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 頑張れ!稀勢の里 | main | 映画「女王陛下のお気に入り」 >>
映画「ボヘミアン ラプソディ」

JUGEMテーマ:映画


 この映画を見るまで私は、この曲もどっかで聞いたような気がする程度で、このバンド「クイーン」やロックなど現代流行の音楽に極めて疎い。映画では全く触れられなかったが、あのプレースリーや「ビートルズ」と、ファンの心情ではどう交わっているのか、そこら辺をだれか解説してくれないだろうか?

  We are the champions, my friends
And we'll keep on fighting till the end
We are the champions
No time for losers
'Cause we are the champions of the world
I don't regret any part of my career

そしてこの曲を聞いたとき、私は稀勢の里の悲劇を回想しないではいられなかった。特にNo time for losers ″のことば。苛烈な現実に対する容赦なき断定。こらえられず彼が流した幾筋もの涙を見た。
 主役フレデイ・マーキュリー(ラミ・マレック)のセクシャリティについてもあまり語れない。彼自身が打ち明けているようにあまりそのことで騒がないでほしいとの意見を尊重するしかないだろう。1986年ウェンブリー・スタジアムを埋め尽くした満員の観客を熱狂させたライブの興奮はそんなこととは無縁な感じがする。  
| Movie | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1231
トラックバック