After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< タンパク質が足んないよ | main | 嗚呼50億円 >>
今年の文化祭

JUGEMテーマ:趣味


 今年もまた船橋市の文化祭の季節がやってきて、このあたりの地域の人々をいろいろ駆り立てた。餅つきや焼きそばの屋台は大いに繁盛し、様々なグループによる展示会も盛んだった。三階の大ホールでは、私が所属している太極拳クラブも参加、下手くそながら私もまた演技を披露した。まともに見られたら誠に恥ずかしいの一語に尽きるが、隣の人の所作を見よう見まねで必死についていった。5年も6年も続けていてまだ一向に上達が認められない。
 今年の文化祭には、太極拳で全部で4チームが参加していた。それぞれ15人以上はいるから、太極拳のファンはいま相当増えているのだろう。特筆すべきは私のクラブに4月から若い大男のイギリス人,M君が参加したことで、この会場でも紹介された。彼はちょっとシャイな人柄だけれど研究熱心で、日本語もほぼ理解できる。その彼が中国風の表演服を着て演技した。短期間に相当上達している。
 彼が我クラブに入ってきたとき、私は英語で彼にあいさつした。だいぶ長い間ここで練習しているがいまだ未熟で、あなたに太極拳を教えることはできないと断っておいた。何だ、コイツは!と彼は思ったかもしれない。
 しかししばらくして、私が
  “I'm sure you'll soon leave us behind."
と言ったら、身をよじるようにしてテレ笑いをしていた。今回初めて公衆の前での演技で、一緒に演技したみんなの批評を聞いたところ、自分の演技で精一杯で他人の演技を見ている暇はなかった、と後の慰労会で語って皆を笑わせた。
 立派な表演服を着こんでこれから舞台に向かおうとするとき、私は彼に訊ねた。
   “Do you know a proverb?Fine clothes make the man."
 彼は知っていると頷いて、私の拙い英語に微笑した。「馬子にも衣装」が通じたようだ。
| sports | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:52 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1225
トラックバック