After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 残念や!無念やなぁ・・・ロストフの悲劇 | main | 映画「空飛ぶタイヤ」 >>
夏の読書

JUGEMテーマ:読書


 約230名近い犠牲者を出した西日本豪雨災害に怒る一方、連日の猛暑で熱中症とみられる犠牲者が後を絶たない報道にも苛立っている。京都では、1880年以来2度目の6日連続の38℃超えを記録した。途絶えがちなこのブログの投稿でもわかるように、小生このところ急激に体力が低下して気力も衰えがちで、日課にしている約1時間の散歩も怠りがちになってきている。読書もあまり進まず、まったく困ったものである。
 ウナギやマグロだけでなく、イワシやサンマまでがこう急激に漁獲高が低下すると、今後海洋日本はどこへ行くのだろうと考えてしまう。現在でも漁獲の3割以上のものが養魚系で占められると聞くと、今後10年ぐらいでそれは倍増しそうである。中国の漁民に自制が利くかも非常に疑問だ。アワビなどインドネシアの海まで開発していた過去を振り返るなら、インドネシアも自国領土と主張しかねない。
 きっかけはチャールズ・モアの『プラスチックスープの海』。かってプラスチックでメシを食った一人としてここまで海洋がプラスチックで汚染されているとは想像できなかった。プラスチックの漁網、ボトル、キャップ、ゴミなどが文字どうり渦を巻いて海流となって太平洋を漂っているという。F・キューリーの『魚のいない海』にも啓発された。もう美味しいサカナはわれわれの手の届くところにはいなくなっているのか。レスター・ブラウンの『プランB』も取り上げているように、漁業は世界中で崩壊しつつある。500年続いたカナダのタラ漁は1950年代初めに消滅し、約4万人の漁民と水産加工業者が職を失った。世界中あちこちでこのような現象が起きている。
 農業改革による穀物の増産や牧畜改良による食肉増産に見られるように、海洋での魚類増産に世界的な協力体制を組み立てられないかと小生は夢見る。とりあえずプラスチックのゴミを集めて、大規模かつ無害に化石化して海溝に埋め戻す生産工場の艦隊を地球規模で編成するというのはどうだろう?
 
 
 
| Book | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1220
トラックバック