After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 梶田隆章教授の公開講座 | main | 夏の読書 >>
残念や!無念やなぁ・・・ロストフの悲劇

JUGEMテーマ:スポーツ


 前半を0:0で折り返したFIFA 2018ロシア大会ベスト16の対ベルギー戦、後半矢継ぎ早に日本チームは原口と乾が見事にシュートを決めて、「これは、もしかすると・・・」と期待を抱かせた。2:0残りあと20分、・・・それなのに、最後は残念な結果(2:3)に終わってしまって、正直誠に悔しい。一次リーグの最終戦ポーランドと対戦、最後の10分間をルーズな、いや〜な形で終わって大向こうから散々叩かれた後遺症が、最後の最後になって露呈してしまった感がする。
 そもそも日本チームは個人技でずば抜けた選手がいる訳ではない、チームプレイで勝つことを考えねばならないのに、大会間近になって監督を変えた。本来ハリルホヂッチから西野監督への交代はもう半年前でなければならない。それと押し詰まっての交代だったものだから、選手の選択も旧来の実績に囚われていたように思う。ゴールキーパーの川島や、本田、岡崎、香川などかっての有名選手は今は残念ながら控えの選手だと思う。試合の最後の10分間に出て上手に試合をコントロールすることができる選手たちである。川島の位置取りの悪さは致命的だったし、対ベルギー戦、ロスタイムに入ってのコーナーキックで、直接相手のゴールキーパーに取られるようなキックをした本田のミスもなんとも悔やまれる。(これをものにしたベルギー電光石火の攻撃のすばらしさ。)
 姿を消してしまった日本チームの代わりに、これからどの国のチームを応援しよう?優勝候補はブラジルが筆頭だが、フランスもなかなか強そうだ。私は日本チームを破ったベルギーに肩入れしたくなった。


 
| sports | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1219
トラックバック