After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 対訳シナリオで見る「英国王のスピーチ」 | main | 残念や!無念やなぁ・・・ロストフの悲劇 >>
梶田隆章教授の公開講座
 あのノーベル物理学賞(2015年)を受賞した博士の講義を、無料且つ予約不要で聴けるというので、6月23日大久保の東邦大キャンパスまで出掛けてきた。日頃物理学には縁遠い老人が、全く歯が立たない宇宙物理学や素粒子論に多少でも啓発されることがあるとするなら、博士らのひたむきな研究スタイルであろう。約1500人ぐらいの聴衆は若い人が多かったが、老若男女ご年配の方々もかなり見え、会場は楽しい雰囲気に包まれていた。質問時間も長くとられていて、その進行はとても親切であった。
 講演のテーマは「神岡の地下から探る宇宙と素粒子」。飛騨の神岡鉱山地下1000mに造られたカミオカンデは小柴博士が最初陽子崩壊を検出するために造った装置だという。1987年15万光年先の大マゼラン星雲で超新星の爆発があり、そのとき飛び散ったニュートリノがカミオカンデで観測された。この功績で小柴博士はノーベル賞を2002年受賞。(残念ながら、陽子崩壊とニュートリノがどう結びつくのか小生には不明)
 1998年飛騨高山で行われた学会の発表で梶田博士は、地下1000mの上空から飛来するニュートリノの方が下から地球を潜ってくるものより多いことを指摘、そこから「ニュートリノには質量がない」という定説を覆した。(ニュートリノには電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノなど色々出てくるが小生不明)
 驚くことにはこの学会発表の翌日、当時のクリントン大統領がMITの卒業式でこれが偉大な発見になるだろうと示唆したことだ。日本の首相でそんな学術的な問題を取り上げた人は過去にいるか?
 いま神岡では1995年にスーパーカミオカンデが完成し、国際的な研究体制が敷かれているようだ。ダイヤモンドやプラチナの合成がそこで行われるという中性子星の合体や、13億光年先で最近生じたブラックホール同士の合体など、なにか不明ながら興味ある物語が進行しているようである。

JUGEMテーマ:モブログ



| Nature | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1218
トラックバック