After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 春の大運動会 | main | 梶田隆章教授の公開講座 >>
対訳シナリオで見る「英国王のスピーチ」

JUGEMテーマ:映画


 身分を隠して現れた女性から「主人の吃音症を治してほしい。」と頼まれたオーストラリア出身の言語矯正士ライオネルは、その主人ヨーク公(愛称バーティ、後のキング・ジョージ6世)と初対面の時に、まずあなたをなんとお呼びしたらよいかと尋ねる。この紹介のやりとりは、ライオネルの妻、マートルが初めてこの皇子夫妻にあったときにも繰り返される。後の王妃エリザベスのユーモアあふれる対応とともにほろッとする場面だが、別室に居たバーティがすぐ飛び出してゆこうとするところを、ライオネルは抑えてしまう。なぜなのか?人は極度の緊張状態では考えがまとまらない、言葉が出てこない、この吃音が生じる基礎的な状況に誰しも陥ってしまうのだとわれわれに教えてくれるのだが、二言三言話しただけで出身階級がわかってしまうというイギリス社会の一片も覗かせる。
 矯正法についてバーティとライオネルの間でなんどもぶつかり合い、(口の中にビー玉をいっぱい詰めてしゃべらせたり、腹筋を鍛えたり、早口言葉を練習したりなど、その間いろいろな矯正法を試している)バーティの成長期におけるゆがんだ心理的圧迫がその底に横たわっているのだと次第に明示される。聡明な(?)兄(のちにシンプソン夫人の問題で1年足らずで退位したエドワード8世)や、好きなおもちゃは取り上げられる、左利きを無理やり右利きに直されるなど皇室の窮屈な雰囲気で育てられた。
 いよいよ戴冠式が行われようとなったとき、そのリハーサルの場でまたもやバーティとライオネルの間で火花が飛び散った。大司教に少し冷たくされたバーティが、いら立って「ドクター・ローグ」と呼びかける。ドクターの称号を名乗っていないライオネルが「ドクター」と言われて鋭く反応する。これは星室裁判所の尋問かと?(イングランドの星室裁判所を知っている人は相当英国史に詳しい人だろう。)
 戴冠式の聖なる椅子、聖エドワードの椅子にちゃっかり座るライオネルに対し烈火のごとく怒ったバーティに対し、「キングなんかにはなりたくない」とわめいていた男の話をどうしていま聞いてあげねばならないのだ、とライオネルは反論する。それに対し「なぜなら私は聞いてもらう権利があるからだ。」とバーティは叫ぶ。
     Because I have a right to be heard!
     Heard as what?
     I have a voice.
      Yes you do.
これは王様だけでないすべての人々の叫びだったろう。大戦から帰還したものの戦争神経症(shell shocked)に陥って死ぬほどちじこまってしまった兵士らの声を聞いてやれない歪んだ社会の仕組み。誰にもその言葉を聞いてもらう権利があるのだと主張するものだった。
 アカデミー賞脚本賞(脚本デヴィッド・サイドラー)を得た作品を今更すばらしいと褒めるのもおこがましいが、実に脚本の構成が緻密でリズムがある。英独二国間のコンフリクトを忘れさせるほど二人のそれは緊張に満ちたものであった。監督 トム・フーバー
| Movie | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:10 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1217
トラックバック