After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 混迷の中東情勢 | main | 幸田 文「こわれた時計」 >>
映画「ウィンストン・チャーチル」

JUGEMテーマ:映画


 ヒトラーのドイツによって欧州戦線が崩壊の危機に立った時、チャーチルがたまたま迷い込んだ地下鉄の中での出来事。(彼はそれまで地下鉄に乗ったことがなかった。)乗客たちとの会話から、物語はぐんぐんクライマックスへと進む。ナチス・ドイツに降伏すべきかというチャーチルの問いに、乗客たち皆NEVER"と声を揃えて彼を励ます。それから彼の有名な演説We shall never surrender."の議会演説に昇りつめてゆく迫力がすばらしい。映画が切り取った時間は、チャーチル組閣のときからダンケルク撤退までの僅4週間ばかりなのだが、永遠に記憶される歴史となった。
 同じ日々を描いた映画「英国王のスピーチ」では、これからナチス・ドイツに対し宣戦布告を行う吃音症に悩むジョージ6世に対し、自分も言語障害があったとチャーチルは告げて国王の緊張をほぐす。実際チャーチルの記録映画を見るとその声は少しくぐもって聞こえる。しかしゲイリー・オールドマン演じるチャーチルは非常に明瞭で、そのメーキャップはアカデミー賞を得たように、見事に彼を再現している。(これが映画「レオン」でとんでもない刑事役演じたゲイリー・オールドマンと思えるか。)それにしてもいつも思うのだが、イギリス議会の議場の雰囲気は名優の舞台を彷彿とする感がある。
映画は大勢のイギリス市民が自ら自分のヨットや船舶を繰ってダンケルクに駆けつけ、55万8千人を助けた撤退作戦を開始する場面で終わるが、ドイツにおける親イギリス派とイギリスにおけるドイツ宥和派との絡みはなかなか興味がある。チャーチルが第一次大戦の海軍大臣のとき採ったガリポリの戦いの失敗が非常に彼の足を引っ張っているのは分かるが、諜報活動インテリジェンスを好む姿はここには描かれていない。
 監督 ジョー・ライト 妻 クリスティン・スコット=トーマス 秘書 リリー・ジェームズ 
| Movie | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1214
トラックバック