After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「ペンタゴン・ペーパーズ」 | main | 映画「ウィンストン・チャーチル」 >>
混迷の中東情勢

JUGEMテーマ:モブログ


 意識不明の赤ん坊を必死に介抱する映像に見られる、シリアのダマスカス郊外で起きた毒ガス攻撃に対し、アメリカのトランプ政権はシリアのアサド政権の仕業とみなして、100発以上のミサイルをシリアに昨日発射した。これはますます熱い戦争になってきた。(このミサイルをロシア製の応撃ミサイルがかなり撃ち落としたという。)
 昨年春以来のアメリカの実力行使だが(イギリスやフランスも化学兵器の使用は許さないとして同調しているが)、判りづらいのは地政学的に見てロシアやトルコがイランと一緒になってアメリカを非難していることだ。イランとアサドのシリア政権はシーア派のイスラム教徒。シリアやイラクにまたがる「イスラム国」を標榜する反政府勢力はスンニ派が主力。サウディ・アラビアはイランに敵対する厳格なスンニ派のイスラム教徒。イスラエルも反イスラム勢力として、イランの核装備を非常に警戒している。またサウディ・アラビア王家に敵意を抱くシリア隣国のヨルダンはイスラエルに同調する。そしてこの中東全域に昔のオスマン・トルコの幻影を抱くトルコが一番警戒しているのは、シリア・イラク・イランにまたがるクルド人の国家の成立だ。そのためアサド政権を維持しなければならないと思っている。サウディ・アラビアがアメリカの基地を嫌ったり、ロシアから原発を購入していることも中東混迷の原因となっている。
 ロシアがイギリスでKGBの元スパイを毒殺して互いに非難の応酬があり、英米仏とロシアは国交断絶とまでは行かないが互いに外交官を追放している。アメリカは中間選挙を控えてトランプ政権はガタガタしたままで、米中は貿易戦争が再燃し、日本もひとり寝を楽しでいるわけにはゆかない。尤も森友学園や加計学園の獣医学部創設の問題に関する政府の秘密文書が暴かれて、安倍内閣の足元もいよいよおかしくなってきた。
| Diary | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1213
トラックバック