After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ホーキング博士の死 | main | 映画「ペンタゴン・ペーパーズ」 >>
喜寿の桜
  

JUGEMテーマ:旅行


   月やあらぬ春や昔の春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして  在原業平
 今年もまた春が廻りきて、満開の桜を愛でている。いつもより十日も早いという。しかもめずらしく好天が続いているのでゆっくり眺めることができるかもしれない。だがもう散り始めてもいる。まだコブシの花だって元気なのに。
 伊豆修善寺に遊んで、天城山上の豪華ホテルに総勢8人の家族で泊まった。今回は皆で私の喜寿の祝を企画してくれた。そんなことを前以て知らされていなかったので、食後のデザートに欲張ってケーキ類をいろいろ私が皿に盛ってきたものだから、用意された祝いのケーキの前で皆に笑われる羽目に陥った。いつもながらの慌てふためく顛末。
 修善寺の川沿いの桜もよかったが、清々しい竹林の様子もよかった。なにより晴れ渡った富士山の姿を桜咲く天城の山上から拝めたことか。30年ぐらい前のことだったか、伊豆のゴルフ会で見た富士を思い出した。大仁ホテルの大浴場から真正面に富士山が鎮座ましましていたことを。ここ20年ぐらいの歳月が飛ぶように早く行き過ぎたことを感じないではいられない。
| Nature | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1211
トラックバック