After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「15時17分、パリ行き」 | main | 喜寿の桜 >>
ホーキング博士の死

JUGEMテーマ:モブログ


 この3月14日にスティーブン・ホーキング博士が亡くなった。76歳だという。その棺はウエストミンスター寺院に埋葬されてニュートンなどの棺と並んで置かれるらしい。だが、あの『異形の』物理学者が自分と同じ年代を生きたということに驚いた。歩くことはもちろんペンを持つこともできない筋萎縮性側索硬化症という奇病も、博士の影響でポピュラーになってしまった。ブラックホールの成り立ちなど博士の理論はよくわからないが、なんとも痛々しい彼の病身には同情してしまう。しかし彼は障害とともに生きることについて、自分のできることに集中してできないことは無念に思わず、精神的に打ちのめされてはいけないと障害者にエールを送っている。
 博士が近年語ったことでは、地球人がより数段知能が進んだ宇宙人に遭遇したとき、かれらとできるだけ接触しないように努めるべきだ、というのが私の印象に強く残っている。過去の地球の歴史においても、二つの文明の遭遇は悲劇しかもたらされていないことを肝に銘じるべき、というのである。
 「しかし未来について考える際に人々が犯す間違いの一つは、自分たちはお芝居の大詰めを見ていると思っていることです。」と、多くの人は警告しているが、なにかますます混沌とした世界情勢に、いつ核戦争が起きてもおかしくない空気が世界のいたるところで醸し出されている気がしてならない。
| Diary | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1210
トラックバック