After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< A speech in the year-end party | main | 東山彰良「流」 >>
『2018年の予想問題』

JUGEMテーマ:ビジネス


 昨年末株価は日経平均で23,000円の大台に乗りそうで乗らなかったのに、今年に入ってあれよという間に上昇、本日(1/16)も23,951円という26年振りの高値を記録した。円相場も堅調で110円/$あたりにある。今年の予想も案外難しいかもしれない。
 毎年のゼミ同窓との知恵比べで、昨年『2017年の予想問題』の経済予測は下記の通りで、票が割れた。
(1)日本経済は昨秋からの好調な経過を維持し、日経平均株価は22,000円を超える時もある。(正解 ○)
(2)円安基調は変わらず、為替レートが対ドルで125円以上の円安となる時もある。(正解 ×)
楽観論と悲観論が交差する設問は、(1)が9人中4人正解、(2)が3人正解だったが、両問とも正解した仲間はいなかった。 そして今年『2018年の予想問題』でも実は票が割れている。貴兄ならどちらに投票する?
(1)日本企業の高収益が継続し、日経平均株価は終値で25,500円を超える日がある。(○ 5、× 5)
(2)日銀の金融政策の継続もあり、円の対ドル為替相場は、1ドル100〜120円のレンジ内で安定的に推移する。瞬間でもこの範囲を逸脱することはない。(○ 6、× 4)
 ニューヨーク・タイムズのニコラス・クリストフ記者が語るには、北朝鮮の核の脅威、米議会の混乱、イエーメンやシリアでの内乱、ミャンマーでの残虐行為、おバカなことをするトランプ大統領など、確かに世界は非常に危険な混乱の中にあるけれど、確実に世界の極貧生活の人びとの数は激減し、病気や文盲も減少、子供たちの命は救われた。振り返ってみて2017年は最良の年だったのではないだろうかと述べている。今年もその流れに乗って欲しいと。
 この皮肉な楽観論の根底にあるのは、途切れることなく前進する文明への信頼、すなわちこれからも経済成長は続くし、エレクトロニクスなどの発達で教育や医療は進歩し、独裁や貧困はいつかこの世から忽然と消え失せるだろうという思いのように見える。しかしそんなにうまく事は運ぶだろうか?

| Business | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1202
トラックバック