After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 床屋政談 | main | 激化するサイバー攻撃 >>
総選挙の行方

JUGEMテーマ:モブログ


 10月11日の日経平均株価は、あのアベノミクス全盛だった2015年6月の高値(20,868円)を抜き、さらに21年前1996年10月のバブル崩壊前の記録も超え20,881円を付けた。(あとは1989年から1990年初めにかけての高値を凌駕するかどうかだが・・・)今日13日は更に上昇して21,155円を付ける。これは、この総選挙で安倍内閣が安定多数を得られる予兆とみたがどうか。
 『希望の党』は民進党との合併直後、「憲法改正に反対する人たちを加える意思はさらさらない。」という党首小池百合子の発言で民進党が分裂し、自民・公明党の政権与党は非常に戦いやすい状況になってしまった。小池発言の意図は、都議会議員選挙における「都民ファースト」の躍進に力を得て、さらに国政においても旋風を巻き起こさんとしたのかもしれないが、あまりにもあざとい仕業と思われる。もしかすると自民党が分裂して合流することまで彼女は期待したのかもしれない。
 私の意見としては、できるなら憲法を改正して自衛隊を憲法上で公認したいと思うが、いまのままでも機能していける自信、実力は十分にあるのではないかと思う。北朝鮮や中国の核の脅威に怯えないだけの国際協調を展開すべきと信じている。
 
 
| Diary | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1191
トラックバック