After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「ヒトラーへの285枚の葉書」 | main | 椿貞雄 展 >>
高木芳徳「トリーズの発明原理40」

JUGEMテーマ:読書


 この猛暑の時期に、ちょっと難しそうなテーマにトライするのも私の消夏法のひとつ。わかってもわからなくてもよい、凡そどんなことを論じているのを知るだけでも頭の体操になると思っている。
 1950年代のロシアのゲンリッヒ・アルトシューラーという特許審査官が、約200万件の特許審査案件に接して、その問題解決の手法を僅か40の原理にまとめた。第二次世界大戦を勝利してアメリカに先駆けてロケットを宇宙に飛ばしたようなソ連の先端技術をリードしたこの原理が、90年代以降ソ連の崩壊に伴って西欧諸国に流出した。多くの発想法が、主観的仮説のまま終わっているか、せいぜいが「実際に使ってみて実績が上がった」という定性的評価にとどまっているのに対し、アルトシューラーは、この原理を用いて出願された特許の「定量的検証」を行っていた。私は本当に爛好乾ぁ蹐海箸世隼廚Α
 それぞれの原理の説明はイラスト入りで分かりやすい。例えば4番の非対称性原理の場合、パソコンのコネクターを台形にしたり、突起を設けるなどしてさかさまに入らないようにする、など通常考えられる対称性を崩して非対称性を考えるとあっさり問題解決する例。7番の入れ子原理の場合、フォルダーの入れ子構造のおかげで大量のファイルを管理できる例など。14番の局面原理は非常に使い勝手の良い原理で巻き尺や自転車に利用されている。30番の薄膜利用原理の例に小籠包やケーキなどがあげられていておもしろい。薄膜で物質を覆い、内側と外側を分離したり、薄膜を丸めたり重ねたりすることで三次元構造を作り、問題を解決する方法だ。
 私のような気が早い読者は、「『トリーズの発明原理』はわかった、では発明の現場で実際にはどう使うのか?」とすぐ早合点してきそうだ。そのあたりを第3部の発明原理実践編が触れているのだが、少し簡単すぎて私には理解できなかった。これは稿を改めてぜひ続編に期待したい。この原理の失敗事例などもきっとたくさんあるに違いない。私の空想科学では、「エラ呼吸がどう肺呼吸に進化したのか?」とか、「4脚歩行がどう2足歩行に進化したのか?」など進化論の問題まで幅を広げてみたい。
 
| Book | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:48 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1185
トラックバック