After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 米のシリア爆撃 | main | 新海誠 動画「君の名は。」 >>
お疲れさま、カミさんの退職
 地元二宮町の御嶽神社でいまサクラソウの展示会をやっている。秋の菊の展示会に比較すると三分の一ぐらいのよしず張りのスペースだが、つぶさにひとつひとつのぞいてみると、これもまた非常に面白い。『神は細部に宿る』というべきか、小さいながらも花の形、その色と艶と、栽培家はよくこれだけ見事に変化した現象をそれぞれに引出してきたのかと驚いてしまう。出展者の中には菊の時も出展していた名前もあって、これは年中相当忙しいしごとだなあ、自分にはできないことだなあと推測する。
   わが国は草も桜を咲きにけり  一茶
 ソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまい、いまは八重桜が盛ん。鷺沼の白鷺園が今年も見事だ。そして今が一番いろいろな花が咲き揃う時期ではないか。我が家の小さな庭も、白のシャクナゲや真っ赤なボタン、チューリップにツツジ、フリージアにパンジーなど花を咲かせ、スナックエンドーやイチゴも白い花を付けている。季節はまた新しい生命を送り込んできた。
 ここ十年来仕事に打ち込んできたカミさんが、この三月でとうとう辞めた。三年前に肺炎を患って以来、どうも彼女の体調は完全ではなく、いまでは4か所も医者通いをし、毎日たくさんの薬を飲み、相当無理をしてきている。すぐ弱音を吐く私と違って、苦しいとか痛いとかは言わないが、正直その体形はすっかり『おばあちゃん』になってしまった。今はスマホの万歩計をもって1時間ぐらいは散歩できるようになったが、夜遅くまで仕事を続けるのは無茶だ。私はカミさんの退職に聊かほっとしているのだが、これから毎日家でツノ突合せると思うとやや憂鬱である。
 カミさんは退職のアイサツ状を今までお世話になった人たちに送った。私の場合は、自分から飛び出して辞めたり、クビを宣告されて退職したので、こんな挨拶など書きようがなかったが、ちらほらと返ってくる手紙を読ませてもらうと、カミさんが職場の人たちに愛されていたことが私にも実感でき、とてもうれしかった。本当は私からも皆さん方に感謝を奉げたい。長い間どうもありがとうございました。
| Diary | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:03 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1175
トラックバック