After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 流通業の厳しさ | main | 米のシリア爆撃 >>
近江八幡 舟巡り
 4月1日、東京はもう桜が満開(ここ千葉は精々三分から五分咲きなのに)と聞き、じっとしてはいられないと関西に出かけたところ、琵琶湖周辺の桜はまだ残念ながらようやく開花し始めたばかり。今年は全体的に関西より関東の方が開花が早かったようだ。米原に泊まって窓を開ければ、琵琶湖の対岸の比良の山々から北の賤ケ岳、背後の伊吹山まで山の峰々はまだ雪を被っていて、湖面を渡る風は冷たかった。
 近江八幡の街の佇まいがしっとりとして素晴らしかった。街並みといい、人々の歩くさまといい、なにか別次元の世界に入り込んだ気がした。家々は確かに伝統的な造りになってはいるが、そんなに古ぼけてはいない。古い建物で白雲館や郵便局も残されているが、みな手入れが行き届いている。商家の玄関の黒格子や破風も板塀などもみなしっかりと磨かれているような感じ。
 老舗の『西川』という料理屋で近江牛を食した後、八幡堀の舟遊びを楽しんだ。僅か30分か40分の堀巡りだったけれども優雅な大宮人になった気分を満喫した。堀端から垂れる桜の枝が満開の花を付けているのを想像して満足するしかなかったが・・・。この町を作った関白秀次の悲劇は忘れよう。あの素晴らしい安土城の片鱗がここに残っている。この水路が近江商人を育んだという。
 今から40年前ごろ私はこの近辺、野洲に製造工場があってよく仕事で来たが、琵琶湖周辺はほとんど知らない。うちのカミさんから湖東三山の楽しい思い出はたくさん聞いているし、古い街並みの五個荘へも行きたい。また昨年11月上野の国立博物館で櫟野寺の十一面観音像を拝んで以来、少し足を伸ばして甲賀へも行って、あの素晴らしい観音様を仰ぎ見たいと思っている。さて実現できるだろうか?
 
| Travel | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1173
トラックバック