After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< イオンモール津田沼のショップなで斬り | main | 近江八幡 舟巡り >>
流通業の厳しさ
 前回イオン津田沼のテナントショップ閉店について述べた。しかしイオンに限らずどの大手流通業者も自分自身が存続の瀬戸際に立っているから、なりふり構わずテナントを扱わざるを得ない事態に、今は追い込まれているのではないだろうか。私が住む近辺では、八千代のイズミヤが昨年5月 29年間の操業を停止し、繁盛していたと思ったマルエツ大久保店まで昨年1月閉店、さらにイトーヨーカドー東習志野店が今年2月に閉鎖した。全国的にもこのところガラガラ、バリバリ音を立てて流通業が壊され、変革されている気配がする。イトーヨーカドーの鈴木敏文氏の社長交代もこの際象徴的な人事のひとつだ。
 デパートといい、スーパーマーケットといい、モールといい、これら大型ショッピングセンターは、かって地元の家族経営の小売り店舗を軒並みつぶした。しかし今度は過剰にこれらショッピングセンターが乱立するや、お互い同士が食い合い、販売競争で負けて倒産する羽目に陥いるものも出る。千葉の三越、柏のそごうが閉鎖になったのもこの激烈な販売競争の結果のようだ。 
 私の志津に住む友人は昔は(多分40年前ごろ)手近なところで買い物できてよかったと言い、懐かしむ。小売店が新興のスーパーに負けて、そこまではまだよかったが、今度はそのスーパーがつぶれると、今はバスに乗って買い物に行かねばならなくなった。行きは軽いからよいが、帰りは重いショッピングカートを扱うのに相当苦労しているとその高齢者は語った。
 3年前だったか、沼津に遊びに行って商店街を歩いたときは少しびっくりした。ガラーンとして人出はないし、商店街のシャッターが皆閉ざされていた。開いている店はほんの申し訳ないほど少ない。いま全国に現れている『シャッター商店街』を目の前にした感じがして身震いした。全国的に見て90年代のバブル期以降、流通業は大量に無駄な投資をしてきたような気がしてならない。いま時代はネット販売へ移って、かっての豪華な販売ブースや設備はガラクタ化しつつある。
| Business | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:10 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1172
トラックバック