After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「インフェルノ」 | main | 「6度目の大絶滅」 >>
映画「聖の青春」
 1998年29歳の若さで亡くなった天才棋士村山聖(さとし)の人生をなぞる。将棋も囲碁も詳しくない筆者としては、どんなに激しい闘いが若き天才七冠羽生善治との間で繰り広げられたか残念ながらわからない。本来なら棋譜の一つでもじっくりと検討するところ、ネフローゼ症候群により幼少より病弱で、最後は膀胱がんに苦悶する闘病生活を追う形になるのは、きっとご本人も気に食わないだろう。『負けるのは死ぬほど悔しい』と羽生に言わしめ、同じ思いを心に抱いていた村山との対局は、これからというところで永久に中断されてしまった。囲碁の世界で本因坊秀哉を描いた川端康成の『名人』との比較を改めて論じてみたい。
 配役 村山聖(松山ケンイチ)、羽生善治(東出昌大)師匠森信雄(リリー・フランキー)母(竹下景子)
 原作 大崎善生  監督 森義隆
| Movie | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1158
トラックバック