After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」 | main | 映画「われらが背きし者」 >>
2016日本シリーズ 第三戦
 今年の日本シリーズはどの試合も熱戦だった。願わくば第7戦までもつれこんで、黒田と大谷の最後の投げ合いを見てみたかったけれど・・・。第1戦、第2戦を比較的容易に広島が勝利したので広島の優勝を想像したが、ペナントレースでソフトバンクとの11.5ゲームの大差を逆転した日本ハムの底力はやはり侮れなかった。
 このシリーズの転機でもあり、その後のシリーズの行方を決めたのは第3戦のゲーム展開だったと思う。先発黒田の好投もあり広島が2-1で先行、7回まで膠着していたところ、8回日本ハム攻撃の時、ランナー1,2塁で、4番打者中田の登場。彼のレフト前ライナー性の打球を捕球しようと突っ込んでレフト松山が後へそらした。松山の頭脳に一瞬でもこれで試合を終わらせることができると閃いたかどうか。一人はしょうがない、二人目を阻止せねば、という安全策は採れなかったにちがいない。結果2点入って逆転。しかし広島は9回粘って同点に追いつく。いまひとつ勢いがあればここで再逆転もできたか。
 延長10回日本ハムは西川が出塁、俊足で二盗にも成功して打者は大谷。第1戦先発で満足な投球ができなかった大谷はこのゲームの打撃で期するところがあったのだろう、ひざ元の、見送ればボールとなる難球を一二塁間を抜く鋭いヒット。西川が勇躍勝ち越しのホームを踏んだ。このシリーズ、大谷の165km速球は残念ながら見れなかったけれど、これは素晴らしい打撃だった。
 このシリーズは終わってみると、ここ数年やはりパリーグの実力の方が一枚上ではないかという気がしてならない。特にセ・パ交流戦での惨めなセリーグ球団の負け方を反省する必要があると思う。MVPはシリーズ3本のホームランを打ったレアード。第6戦では満塁ホームランだった。
| sports | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:50 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1154
トラックバック