After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 北海道の児童置き去り事件 | main | 英国のEU離脱 >>
ポプラ並木とジシバリの丘(越後丘陵公園)
 野球場が三つ、四つ入るぐらい広い芝生の広場を囲んで、緩やかな丘が続く。丘の上にはポプラ並木が広がり、その足元にはジシバリの花野。一尺ばかりの花茎を掲げた数千のジシバリが皆思い思いのリズムで揺れている。蝶には蝶の歌を、風には風の歌を。並木の木陰で花に囲まれお弁当を食べ、少しうとうとしたが、この広い空間にはわれわれ夫婦しかいなかった。バラやアジサイ、ラベンダーの畑の方にはちらほらと客は見えていたが・・・でも温泉客でここの公園まで足を伸ばすもの好きはめったにいないだろうなあ。
 久しぶりにまた旅行に出かけた。夫婦とも腰痛を患ってから、残念ながらすっかり出不精になってしまった。今回は越後長岡から車で40分ぐらいの蓬平(よもぎひら)温泉に二泊三日。12年前の中越地震でも有名になった山古志地区のすぐお隣だ。山のところどころに棚田が作ってある。思ったよりその田は大きい。地震でその後放置された棚田も多いと聞く。山古志の人口は地震で約半分に減ってしまったそうだ。棚田のいくつかは錦鯉の養殖池になっていた。あんな高級な鑑賞魚をほっといて大丈夫なのかと心配になる。
 温泉の湯はエメラルド色のとろりとした味わい。なかなか良かった。食事はカミさんは褒めていたが、私は十皿もいろいろ料理を作るよりも、半分でもいいからもうちょっとじっくりと味わうものが欲しかった。
越後丘陵公園、ジシバリ
| Travel | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:19 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1137
トラックバック