After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「駆込み女と駆出し男」 | main | 映画「ラン・オールナイト」 >>
本土寺の紫陽花
 この前ここに来たのはいつだったろう?20年前かそれとも30年前だったろうか? 門前の並木は昔のままの感じがしたが、あたりの景色は様変わりして、ごみごみとした住宅地に変わってしまった。そしてなによりも残念なことは、本土寺のアジサイの様子がすっかり変わってしまったこと。昔はもっと自然な佇まいで潤いがあふれ、花が生き生きしていた。それがどうだろう、今は町の公園のようなまったく管理された庭園になってしまった。確かに大勢が訪れることで遊歩道が整備されたのはわかるが、アジサイの花までおとなしくまとまってしまった。あのあふれんばかり野趣はどこへ行ったのか。整備された菖蒲園まで用意して、本土寺はすっかり観光寺に変わってしまっていた。門前にあった美味しいうどん屋までなくなってしまった。残念だ。
 
| Nature | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1081
トラックバック