After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< Self-introduction | main | 映画「マジック・イン・ムーンライト」 >>
新緑の京都
 4年ぶりにまた京都を訪れた。ゴールデンウィークが終わったといえ、本当に静かな京都を味わうにはいささか無理な話。大勢の観光客がたむろする人気スポットはできるだけ避け、仏像よりも庭園を見たいと思った。しかし訪れた嵐山や三十三間堂は、修学旅行の中学生や高校生も出始めて、銀座の雑踏のような混雑ぶり。
 一日目 醍醐寺 豊臣秀吉が花見をしたお寺で、京都最古の木造建築物といわれる五重塔が素晴らしい。
 二日目 嵐電に乗り嵐山へ。天龍寺も含め人人人。常寂光寺、二尊院と廻る。途中竹林の小道が味わい深し。
 三日目 東福寺 通天橋からの渓谷の新緑の眺めが良い。智積院から三十三間堂、さらに東本願寺の渉成園。
庭園の花はツツジが満開をやや過ぎたところか。いろいろな花々の景色は物足りないものだったが、新緑のモミジがいま目に優しい。これが秋には真っ赤な紅葉に変化するとはとても想像できない。雑草をしきりに取って手入れしていた苔庭の表情は、いまひとつ色合いがしっくりとしたものではなかった。少し乾燥していたせいかもしれない。いづれも名のある庭園でじっくりと鑑賞してきたが、池の水が濁っているのが気になる。利休好みの智積院の庭が素晴らしかったと思う。
天竜寺庭園
| Travel | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1077
トラックバック