After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 大きな議論を巻き起こせ | main | Self-introduction >>
清水公園の牡丹
 四月の終わりから五月の初めごろ、天候は穏やかだし、野山は新緑に満ち、花があふれている。思いっきり外気を吸い込みたい。外出には一番良い時なのだが、しかし世はゴールデンウィークで人もあふれている。間近になって宿を予約しようにも、どこも一杯である。体調に不安を抱いてる年寄り夫婦は近場で我慢せざるを得ない。だが探せばなかなか素晴らしいところが近場でもあるものだ。
 そこで東武電車に乗って野田の清水公園に行ってきた。ここは桜の季節が有名だけれど、今の季節、ツツジとフジがよいと聞いて出かけた。確かにツツジもフジもよかったが、意外や手入れの行き届いた牡丹園の佇まいに正直驚き、見事な花の姿にすっかり感激してしまった。茂原や須賀川の牡丹園にも匹敵しそうだ。いや、それらの記憶も少し薄れてきた。唐王朝の頃より花王、富貴花と称されるぐらい愛でられている牡丹。毎夜現れる『牡丹の精』の物語、『聊斎志異』も懐かしい。典雅な白の牡丹が特に良かった。
| Nature | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1075
トラックバック