After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< アベノーミケス | main | 映画「フューリー」 >>
開店休業
 このブログ "After the Pleistocene" も一日のヒット数が、ここのところ50から20台までに落ち込むと、私もいささか感傷に浸らざるをえなくなった。盛時200を超える日々が続いたことを思い出す。8月の半ばから9月末いっぱいまで無断でお休みをし、現在もおぼつかない足取り。これでは開店休業の有様ではないか。
 実はノーテンキなことを書き綴っている場合ではなくなったのだ。一番の原因はカミさんの具合がおかしくなったこと。3年前肺炎を患って以来、頭が痛い、目が悪くなったと故障がちになり、今年春からひどい腰痛も発症して、9月には歩くのもやっとの状態に一時陥った。昨年だましだまししながら過ごした私の腰の状態も、この夏ごろから悪化、いまや夫婦揃って整体や鍼に掛かる事態に。それ以来なんとかマシな私の方が家事全般をみることになった。
 いままでほとんど家事らしい家事をしたことのない男が、三度三度の食事、なにを食うのか、なにを食べさせたいのか考えるのは大変なこと。食べ終わるとすぐまた次の食事のことを想うめまぐるしさ。大日本帝国陸軍の炊事兵になった気分か。日頃インスタントラーメンぐらいしか作らないので、しかたがない、カミさんに今日の献立、材料についてお伺いを立てる。買ってきた食材をどう調理するかまで聞かないと先に進まない。しかし買い置きの材料や調味料がどこにあるかすぐ分からないからいちいち大変だ。たった二人分だけれど、料理を三品仕上げるのはかなり重労働となる。勢いうち一品は出来合いの総菜を買ってきてゴマカすことが多い。
 幸いカミさんの体調も最近かなり良くなってきて、私が料理する傍らに立って指示できるようになった。しかしこんどはいちいち煩く感じるようになる。野菜の切り方なんかどうでもよいではないかとおもうが、そこにも「深い理由」があるのだと解釈がつく。まあ、作った料理を『おいしい!』と言って、喜んで食べてくれるので苦労も報われる。
 

| Food | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1046
トラックバック