After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 消費税アップ! | main | 映画「ローン・サバイバー」 >>
太極拳フェスティバルで
 地域の太極拳愛好家が集う大会で、顔見知りの白髪のおかっぱ頭をした女性から、「あら、上手になったわね!」と声を掛けられた。三四年前初心者グループで講習を一緒に受けた仲間だ。「全然うまくならないけど、相変わらず続けているよ。」と私は答える。「そう、やめないことがなによりよ。」と彼女から笑顔のエール。週一回の練習では覚えた先から忘れてゆく。
 そんなことで、今回は成田市で行われた千葉県の武術太極拳フェスティバルに参加した。なにしろ“チーバくん”も参加したぐらいで、約2千人以上の太極拳愛好家が集まって来たと思う。参加者が大勢で、それぞれにその演技を披露するのだから、その出演時間は勢い15分間隔の短いマスゲーム、正味の演技時間はおよそ10分足らずだった。会場は暖房が切ってあり、寒くて待ち時間が長いのに往生した。
 ほかのチームの表演は、ゆったりとしたリズムでしかもみなまとまっていて、見ていて感心するばかりだったが、さて自分たちの出番になってやってみると、全く違っていた。24式を演じたわれわれのグループは150人もの大部隊だったが、ふと気が付くと私の前の列と三つぐらい先の列ではワンテンポぐらい違うではないか。私はそれから少し焦ってしまって、なんともしまらない演技になってしまった。
  
| sports | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:29 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://addfield.jugem.cc/trackback/1007
トラックバック