After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
お疲れさま、カミさんの退職
 地元二宮町の御嶽神社でいまサクラソウの展示会をやっている。秋の菊の展示会に比較すると三分の一ぐらいのよしず張りのスペースだが、つぶさにひとつひとつのぞいてみると、これもまた非常に面白い。『神は細部に宿る』というべきか、小さいながらも花の形、その色と艶と、栽培家はよくこれだけ見事に変化した現象をそれぞれに引出してきたのかと驚いてしまう。出展者の中には菊の時も出展していた名前もあって、これは年中相当忙しいしごとだなあ、自分にはできないことだなあと推測する。
   わが国は草も桜を咲きにけり  一茶
 ソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまい、いまは八重桜が盛ん。鷺沼の白鷺園が今年も見事だ。そして今が一番いろいろな花が咲き揃う時期ではないか。我が家の小さな庭も、白のシャクナゲや真っ赤なボタン、チューリップにツツジ、フリージアにパンジーなど花を咲かせ、スナックエンドーやイチゴも白い花を付けている。季節はまた新しい生命を送り込んできた。
 ここ十年来仕事に打ち込んできたカミさんが、この三月でとうとう辞めた。三年前に肺炎を患って以来、どうも彼女の体調は完全ではなく、いまでは4か所も医者通いをし、毎日たくさんの薬を飲み、相当無理をしてきている。すぐ弱音を吐く私と違って、苦しいとか痛いとかは言わないが、正直その体形はすっかり『おばあちゃん』になってしまった。今はスマホの万歩計をもって1時間ぐらいは散歩できるようになったが、夜遅くまで仕事を続けるのは無茶だ。私はカミさんの退職に聊かほっとしているのだが、これから毎日家でツノ突合せると思うとやや憂鬱である。
 カミさんは退職のアイサツ状を今までお世話になった人たちに送った。私の場合は、自分から飛び出して辞めたり、クビを宣告されて退職したので、こんな挨拶など書きようがなかったが、ちらほらと返ってくる手紙を読ませてもらうと、カミさんが職場の人たちに愛されていたことが私にも実感でき、とてもうれしかった。本当は私からも皆さん方に感謝を奉げたい。長い間どうもありがとうございました。
| Diary | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
米のシリア爆撃
 今まで政治に全く関与していなかったトランプ氏が米大統領になって、なにかきな臭い、不安定な世界情勢になってきた。トランプが危機を煽り立てる要素は確かにあるかもしれないが、アメリカの景気は悪くないし、失業者も世にあふれているわけでもない。そんなにヒステリックになる必要はないのだ。ものごとはそう性急には解決しない。
 いまシリアでサリン化学兵器が使用されたことで、59発もの巡航ミサイルを撃ち込む必要が本当にあったのかとおもう。アメリカの『威信』を世に示したかっただけではないか?シリアのアサド大統領やロシアのプーチン大統領との対話を蹴って。悲観論になるが、これからますます国連や同盟国との協調をトランプ大統領は無視してゆく可能性が大だ。核実験やミサイル発射実験を続ける北朝鮮だって危うい。北朝鮮は黙ってトランプの先制攻撃に耐える度量はないから、そうなれば韓国や日本に原爆ロケットを打ち込むことだって辞さないだろう。金正男を暗殺した手口を想起すべきだ。
 パリやロンドン、ブリュッセルやベルリンに加えて今度はストックホルムでテロ事件がまた勃発した。非常に忌まわしい事件だが戦争に巻き込まれるよりまだ対処の仕様がある。難民問題だってなんとか解決する方策が見つかるだろう。しかしアフガニスタンやイラクで見たように、一旦戦争になったならば、悲惨な結末しか思い浮かばない。最近ラジャフ・チャンドラセカランの『グリーン・ゾーン』を読んだが、これらの国を第二次世界大戦後の日本やドイツのごとくうまく治められるとは考えない方が良いだろう。昨日トランプ大統領と習近平主席が仲良くフロリダで会談したが、私は米中関係の今後にあまり期待が持てない。二人とも非常に不安定な基盤に立っているから。それにしてもわが日本はいつまで豊洲市場や森友学園の問題に引っかかっているのだろう。
| Diary | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
杉ちゃんの冒険
 従兄弟の杉雄さんが暮れの12月に亡くなったことを、彼のすぐ下の弟松雄さんのはがきで知った。私の年賀状への返事である。いまや父や母の故郷のいとこたちとの交信も年一回交わされる年賀状でしかなくなった。元気だった人たちも皆70歳の坂を超え、ぼちぼち向こう側に移って逝く友がいるのも自然の成り行きだろうか。  
 杉ちゃんは私より2歳上だったが、小中学時代一緒に遊んだ経験からいうと、ほぼ同年という感覚で他の従弟たちに交じって那珂川の河原で水遊びを楽しんだ。都会育ちの私を除いて、ほぼ同世代の従弟たちはみな逞しく日焼けし、那珂川を泳ぎ渡れたし小舟も操れた。野口橋下流の河の流れは意外と早く、20mか30mは必死にクロールで泳ぎ切らねばならなかったのだが、私はそんな技量や度胸をもっていなかった。
 あるとき仲間の一人が(多分いつも目ざとい松ちゃんだったと思う)川下の空を指さしてなにか叫んだ。雲の様子が少し変だった。5,6人の子供たちがみな一斉に立ち上がって土手を駆け上がり、家に向かって駆け出す。それは急な夕立の到来を予告するものだった。家では庭一杯に煙草の葉を広げて乾燥している際中だった。大人たちもばらばらと家の中から飛び出してきて、子供らと一緒に煙草の葉を取り込み始めた。ほぼ取り込んだところで、大粒の雨が飛来した。いまでもトウモロコシ畑を横切って帰ったときの、その葉のゆらぎを記憶している。
 私が大学生のころ、東京に働きに来ていた杉ちゃんが、正月ふらりと我が家を尋ねてきた。1960年代初め頃か。たまたまその日私の両親は出かけていなかったので、正月料理で二人して酒を飲んだ。仕事の話はほとんどせずに、彼が夢中になったロカビリーの話で盛り上がった。ミッキー・カーチス、山下敬二郎等が有楽町の日劇を満員にしていた頃。全身ロカビリーに浸って熱狂していると、なにもかも忘れることができると興奮して話してくれた。それももう遠い遥か昔の物語になってしまった。

JUGEMテーマ:日記・一般



JUGEMテーマ:モブログ



| Diary | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
意外な結果*アメリカ大統領選挙
 後々この選挙結果は‶トランプ・ショック"として人々の記憶に残るかもしれない。選挙前の予想は、両者接近してきたものの、やはりヒラリー・クリントンが勝利するであろうとほとんどだれもが思っていた。日本のマスコミもみなドナルド・トランプの勢いを全く予想していなかった。今年6月の英国EU離脱を諮る国民投票の時も、まさか離脱派が勝利するとは大方予想していなかったのと同様である。しかしどうしてこのようにわれわれの予想が覆されるのか、その原因を探る必要がある。(過去の歴史から学ぶなら、1939年昭和14年8月 欧州において独ソ不可侵条約が結ばれると、時の平沼内閣は「世界情勢は複雑怪奇」と唸って瓦解してしまったことがある。欧州情勢を慎重に見極めなければいけないときに。)
 自由な選挙で、しかも事前に再三にわたる世論調査を行っていながら、結果を予想できないというのは、調査のやり方が悪いのか、調査対象を誤っているか、もうすでに答えを予測したおざなりの質問で埋められているからでは?
CHANGE"を大統領就任の中心課題に据えたのにオバマ大統領は結局何もしなかったのではないか、という疑問。その国務長官を務めたクリントンは責任がないとはとても言えない。そして中低所得の白人層がどれほど社会分断に悩まされているか、ニューヨークタイムズなど大手マスコミはもっと警鐘を鳴らすべきだったのではないか。
 この嫌われ者同士の対決を、プロレスの悪役レスラー(ヒールheel)に見立てた友人のアーマダ・ホッパーによると、リング上でお互いに悪口雑言を並べ立て、その言葉に逆上してスキを見せたものが痛い目に遭うと評した。自身は納税問題などで弱みがあるくせに、ことさらヒラリーの私用メールを取り上げたのは、ヒールの面目躍如というところか。それにしてもFBI長官の再調査発言は、まさに微妙な時期に最大の効果を発揮させた陰謀だったかもしれない。結局ヒラリーがトランプと同じ次元で論争するようになって『ガラスの天井』を破ることができなかった。
 
 
| Diary | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『緊張感をもって・・』
 この頃巷で気になる言葉、『緊張感をもって・・』。もうほぼ完成している豊洲市場への移転に関して、小池新知事は、「緊張感を持って取り組んでほしい。」麻生財務大臣は為替相場の成り行きについて「緊張感を持って精査してゆきたい。」そして稲田防衛大臣まで「緊張感をもって北朝鮮の動向をみつめる。」こりゃあ緊張感でみなコリコリに固まってしまいそうな雰囲気だ。この言葉、どうも安倍さんが総理になってから流行りはじめたのではないか?
昔軍隊では、「気魄がないっ!」と𠮟られ、「貴様はぶったるんでいる!」といわれてぶん殴られた。いわゆる気魄が足りないとされた人物はその行為も意見も全く無視される。逆に気魄ばっかりで中身は何もない人物がもてはやされた。現今の『緊張感』も、こんな演出されたものでなければよいのだが・・・
| Diary | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
何者かが・・・
 私と同じ70代半ばの太極拳の仲間がしばらく休んでいたので、どうしたのかと尋ねたら、母親が亡くなったと言う。お悔みついでにお幾つでと重ねて訊くと、94歳だという。それは長寿ですねと私が言うと、傍らに居た同じ仲間が『私の母は102歳でまだピンシャンしていますよ。』と半畳を入れた。自分自身を含めて誠に長寿社会を生きているのだなあと実感する。
 今年から私も『長寿米』なるものを頂いて、これまでなにか社会に貢献するようなことをしてきたかなあ、とつらつら考えたが、友人のアーマド・ホッパーが語る『75歳過ぎの老人は病気になっても手術などはせず、高い薬も不要で、そこら一般の栄養剤を与えておけばよい。』との過激な意見には同調できない。むしろ世界に誇る老人医療大国となって、世界中の金持ちの年寄りが日本を目指して集まってくる方が望ましい。
 それにつけても、7月相模原の障碍者医療施設「やまゆり園」における19人の殺人と26人の傷害事件といい、今回の横浜の市民病院の50人に近い連続殺人事件といい、犯人はかなり残酷なことを計画するものだ。未だ逮捕されない横浜の眞犯人はきっと、早く自分を見つけてくれ、警察は一体なにをしているのだ、とうそぶいているに違いない。報道陣のいう『何者かが』は、この出口のない老人社会を呪っているのだろう。
| Diary | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
都知事選 小池百合子圧勝
 それにしても今回の都知事選の投票結果が素早く出たのには驚いた。投票締め切りの合図後ほんの数秒しか経っていなかった。出口調査が行き届いていると言えばそれまでだけれど、選挙戦を通じてこれほどまでの票数の差を予測させる報道はなかった。もし知っているとしたならば、報道の公正を盾に取ったこれは一種の欺瞞工作と言われてもしょうがない。
 この選挙の3日前に銀座で昔の友人たち5人でランチ会を催した。埼玉都民や千葉都民が混ざっていたが、話題は俄然この都知事選に集中した。私は鳥越俊太郎の人気がないのを意外に思った。彼がガンを克服して都知事の激職に挑む姿勢を誰も評価していなかった。利権の渦巻く都政の古強者と闘うスローガンは小池百合子が全部吸い取ってしまったようだ。石原慎太郎元知事の『厚化粧』の非難も彼女に有利に働いていた。増田寛也の話しぶりは若者の気持ちを引き付けるものがなかったし、めぐりめぐって彼に白羽の矢が立った時も、『乃公出でずんば』というほどの迫力はなかった。青島幸男以来都政は『無党派』というリーダー不在の政党が過半数を占拠している。
 選挙結果が出てから、後出しで論評するのはいかがと思うが、小池百合子が大勝して、NY州知事から大統領になったフランクリン・ルーズベルトのように、タマニーホール化した都政を清掃して一気に首相までなってしまう可能性はないかなあ、と私はこのランチ会で予言したのだったが、誰からも注目されなかった。
| Diary | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
参院選与党圧勝
 安倍晋三首相の巧妙な政権運営で、今回の参院選挙は自民・公明の与党70議席の獲得となり、非改選議員を含めた改憲勢力は参院の3分の2(162)を超し165となった。いまや選挙戦では鳴りを潜めていた改憲論議がここでにわかに噴出し始めた。
 今回の選挙で掲げられた与野党の政策は、ほとんど相違が見いだせない。改憲論議は与党は問題としてとりあげていなかった。民進党(かっての民主党は最近の党名変更で、なんか韓国の政党のようなよそよそしい名前に変わってしまった。)は、いつも達成がおぼつかないマニフェストなんか放置してしまった。そして口を開けば『アベノミクス』のふやけた悪口ばかりで、具体的な政策の指摘は少ない。私の知っている50代、60代の女性の方がよほど鋭い批判を投げかけている。(年配者の方が安倍政権に批判的らしい。)
 今回の選挙の与党圧勝の原因についてニューヨーク・タイムズが分析している。2009〜2012年の民主党政治があまりにも杜撰な政権運営だったので、もう反対勢力の民進党には期待できない気分、これがその後選挙民の選択の幅を狭めてしまったというもの。確かにその通りだ。自民党も嫌だけれど民進党も共産党も好かないという人がたくさんいる。これでは投票場に行く気分になかなかなれない。投票率54.7%は過去4番目の低い水準を物語っている。
From The New York Times
"Voters see few alternatives, with many still feeling stung by what they saw as the opposition Democratic Party’s failure to deliver during its four-year term before Mr. Abe came to power in 2012."
| Diary | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
英国のEU離脱
 私もまさか今回の国民投票でEU離脱派が勝利するとは思っていなかった。(予測していたのなら、株を空売りして暴利をむさぼっていた? 残念だけどそれもまたありえないなあ。)イギリスがEUになかなか加盟しなかった理由は、インド、オーストラリア、カナダなど世界中に植民地を経営した昔の『大英帝国』の看板を下ろせなかったからだと言われる。しかし1994年欧州連合に加盟。一旦決めたことは頑固に意地をつらぬき通すのがジョン・ブルの信条ではなかったか。EU加盟を拒んでいたサッチャーさんの声を天国から聴きたいものだ。
 国民投票後の調査で、若い世代は残留を希望したものが多く、一方60歳以上の高齢者は離脱派が多数を占めたと報じている。それにしても両者の比が48対52というような、国論を完全にニ分するような問題を国民投票で決めて良いものか、私も疑問に思う。若い人たちの意見を取り上げなかったことが今後どう響くか、再投票の運動も起きているようで予断は許されない。
 非常に少ない経験だが、ロンドンでいかに多くの人種が行き交っているか、イギリス旅行で私は実感した。肌の色だけでなく顔つきや体格も千差万別。純粋なアングロ・サクソン系は4分の1いるかしらと思ったほどだった。今回中東難民の増加が緊張の発端となっているが、過去の歴史ではイギリスは世界の人種問題に寛容な態度を見せていたはず。かってフランスの王族をはじめとした貴族階級はもちろん、マルクスやクロポトキン、孫文のような革命思想家も懐広く抱擁している。問題は中東やアフリカの難民対策であり、その治安の維持にあると思う。 
 
| Diary | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
北海道の児童置き去り事件
 なにか久しぶりに日本中を沸かしたニュースではなかったろうか。朝の十時ごろ、私が喫茶店で小耳に挟んだ話は、『見つかったそうね。あの子が』だった。思わず『え?』という感じ。それから昼のニュース、夕方から夜十時過ぎまで文字どおりこれがトップニュースとなって駆け巡った。伊勢志摩サミットもオバマ大統領の広島訪問も消費税の延期も忘れ去り、そして舛添都知事の無駄遣いも全くつまらない話になってしまった。
 5月28日から今日6月3日まで一週間、両親の仕置きのために山中に置き去りにされた小学二年の男の子、大和君(7歳)が、いままで全く消息がなかったのにひょいと現れるとは。この期間、夜の気温は5℃近くまで下がり、冷たい雨も降った。熊の出没も気になる。大勢の捜索隊が入ったのに一向に見つからない。誰しも最悪の事態を想像したに違いない。この救出のニュースで『よかったね』と皆一斉に胸をなでおろしたことだろう。
 置き去りにされた6日間、水を飲んだ以外、何も食べていない子供がよく生き残ったというサバイバル術はこれからも検討しなければならないと思うが、議論は親のしつけ、児童虐待の方向に向かいそうだ。英紙デーリー・メールは「われわれの世界には、新しい人間が増えて、親になるべきでない大人がいる」とこの事件に向けて論評している。テレビで見る限り大和君の父親はそれほど酷そうには見えない。しかしこの子の母親が一切顔を見せないのが気にかかる。母親がこの父親のしつけに賛成だったかどうか気になるところでもある。でも助かって本当に良かったね。
| Diary | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP