After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
祇園祭の中止
 今年の京都祇園祭は、新型コロナウィルスの影響で中止に追い込まれた。主催者側の発表を聞いているとその悔しさが滲みでてきて、深く同情してしまった。この祭りが平安時代初期貞観年間に起きた悪疫退散に由来していることを考えると、この決定は断腸の思いがする、苦渋の選択だったと彼は語った。こちとらは長鉾などの立派な山車が今年は見られないか、ぐらいにしか始めは考えていなかったけれど、これまでに重ねてきたいろいろな準備のことを考えると、なんとも言えない気分になる。そして更になによりも、この新型コロナを追い払おうという人々の願いを一つに纏めることができない、もどかしさがイライラの原因かもしれない。
 この貞観年間(AC859 ~877)という時代は、大変な自然災害が次々起きた。大地震や東北大震災並みの大津波に見舞われ、富士山や阿蘇山は噴火爆発するし、鳥海山や開聞岳までつられて噴火している。そして人口の多い近畿地方に悪疫が猖獗した。人々はなんでこんなにいろいろ不幸が押し寄せてくるのだろうと思っただろう。現在のコロナですっかり打ちひしがれた人々もみな同じ境遇である。公表されたところでは、現在までの世界の感染者数は943万人、死者は48万人にのぼるという。 
 東京入谷の朝顔市(7月6日)や、浅草のほうづき市(7月10日)も中止となった。ほうづき市の母体、四万六千日の法要はやるんでしょうなあ。先の大戦が終わる頃、池波正太郎は米子の海軍航空隊にいて、東京の母親から手紙に今年も四万六千日の行事を行うと知って大変嬉しかった。戦前下町の人々は絶対に浅草は焼けないという信仰に近い信念を持っていたが、それも見事に覆されて一面焼け野原にされてしまった。それでも行事を行うという。戦場では兵隊たちが銃砲に倒れ、飢えに苦しみ、本土では空襲の戦火に追われて逃げ惑う。こんな時期に四万六千日の行事を施工する、彼は名状しがたい気分になったという。戦争は負けてもきっと立ち直って、新しい国を再建できると確信したという。素晴らしいことだよね。
| Diary | 17:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
T子叔母さんのお別れ

JUGEMテーマ:モブログ


 一月も半ばを過ぎて、父母の田舎、茨城から悲しい知らせがやってきた。父母の兄弟姉妹の内、一番最後のテル子叔母さんが亡くなったのだ。二年前「私も90歳の坂を登り始めました。」と達筆のペン書きで、年賀葉書一杯にぎっしり近況を伝える文章を乗せてあったのに。だが昨年も今年も彼女からの年賀状は届かなくなった。
 二年前には家の近くにある老人ホームのデイサーヴィスに毎日出掛け、「皆さんと楽しく笑い合い、話し合ってたのしんでいます」と書いていたのに・・・。大農家の男の子ばかり6人の兄たちの最後に彼女はただ一人の女の子として生まれ、親や兄弟たちからは相当可愛がられたそうだ。16歳の時から東京に働きに出た私の父からも、あるとき浴衣地を贈られて、お嫁に行くときも持って行ったと懐かしそうに話していた。「うちのオヤジもいいところがあったのだなあ!」
 そうはいっても、男たちにもまれたテル子叔母は、声も身体も大きかったし、態度もデカかった。われわれ甥っ子や姪っ子はみな母親以上に怖い存在だった。それでも東京育ちの私にはいつも特別目を掛けてくれたように感じていた。本当にありがとうございました。ご冥福を祈ります。合掌 
| Diary | 22:31 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
年賀状の打ち止め

JUGEMテーマ:モブログ


 明けましておめでとうございます。本年も御贔屓に。
今年も多難な年を予測させるような事件が年初から次々起こっています。昨年、台風19号の災害や京都アニメ事件のような悲惨な事件は全く予測できなかった。今年も戦争のようなことにならないよう注意を集中したい。
 今年の年賀状には混ざっていなかったが、来年から年賀状の打ち止めを宣言する知らせはちょっともの悲しい味わいを込めていつもいろいろ考えさせられる。自分ももう年だし黙ってやめてもなにもおかしくないのだが・・・来年は潮時かも。
 簡単なネズミの絵柄、字句だけ年賀状を名古屋の息子に送って、『なんだよ!この年賀状は。』と怒られてしまった。いつも一言、二言文字を添えていたのに、慌てふためいて出してしまったのは全くの失策だった。言い訳するなら、いつもの家族写真が揃わなかったこと、パソコンの扱いがさらに下手になって思うようにアウトプットできなくなったこと、さらに投函の時間が迫ってきてたことだ。
 頂いた友人たちの年賀状で出色なのは、『家族写真を撮るときに「お爺様右に」と言われ、自分と気付くのに時間差がありました。』という仙台の友人の賀状、『人生の先輩も少なくなり、寂しい思いです。』と私と共通の友人を失くした練馬の友人。病気療養中の友人たち、運転免許を返上したことなど知らせる賀状などいろいろあったが、水害に遭った筈の茨城の友人がなにも伝えて来てないのはどうも気になって仕方がない。こちらも体調不十分で積極的に励ましを送ることができなかったのが残念である。
| Diary | 14:44 | comments(1) | - | ↑PAGE TOP
2019年の予想と解答
 10年以上続く大学ゼミの同期会が今年も三田山上で開かれた。恒例の年間予想問題の解答とその評価が冒頭行われる。年の初めにその年生起する出来事を〇、×で予想・投票し、その年の終わりのこの会でで結果を検証する遊びだが、各人の日ごろの問題意識が現れてなかなか面白い。今年の問題提出者は私で、私はカミさんの助けも借りて作ったが、少し問題をヒネリすぎてあまり上手ではなかったと反省している。

1)巨人は、原監督の指揮の下で、セントラル・リーグを制覇する。正解〇

2)株価・日経平均は上限は23,000円、下限は17,000円の間で乱高下する。正解×

3)英国は、議会を解散してEUからの離脱を問うがEUに留まる。正解〇

4)米中の貿易戦争は、更なる制裁関税を避ける方向で鎮静化する。正解〇

5)ソフトバンクの孫社長は、後継の社長を決めたうえで年内に辞任する。正解×

6)消費税10%は、予定されている10月には実施されず見送られる。正解×

7)トランプ大統領は米議会で弾劾され、辞任を余儀なくされる。 正解×

8)ラグビー・ワールドカップで日本チームはベスト8に入る。  正解〇

9)7月の参議院選挙において、自民党は単独では改憲に必要な議席に届かない。  正解〇

10)復活したソニーの株価は8000円を超えることがある。(大納会5326円)    正解×

 出題者として自分も参加したが、唯一ラグビー・ワールドカップの問題でただ一人正解したことを誇れるだけ。さらにソニーの株価で少しヒヤリとさせたぐらいで、5問の正解と最低だった。正解8問の2名の仲間が栄冠に輝いた。そのほか安倍内閣の評判や日韓関係など議論はなかなか尽きなかった。世界はいろいろ危険なつばぜり合いを演じながらも、なんとか大きな戦火を回避するだろうというのが皆の観測のようだった。

JUGEMテーマ:モブログ



| Diary | 21:39 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
オリンピック・テーマソング

JUGEMテーマ:モブログ


 「そういえば今度のオリンピック、テーマソングはないの?」
月曜日の夕方集まる太極拳の会、その中休み時間にこの話題が上ってちょっと盛り上がってしまった。来年の夏の競技そのものではない。では、皆60代以上の高齢者で東京オリンピックの印象が残っているのかと疑ったが、どうも違うようで、三波春夫の『東京五輪音頭』の唄が話題。前回の東京オリンピックが1964年、あれから早55年も過ぎ去ってしまった。
 新しい国立競技場が出来上がっていよいよ大会気分は盛り上がって行くべきなのに、「この夏の間は海外に遊びに行ってくる。」などと、うるさい日本を離れて暮らす計画を立てている仲間もいる。こんな連中はさておいて、大会運営者が気を配ることは、前回みたいに大いに応援歌をはやらせて大会を盛り上げることだろうと素人は思うのだが、どこからもまだ聞こえてこないようだ。それともそんな企画は初めからやっていないのか。
 
 ハア 待ちに待ってた世界の祭り
 ソレトトント 西の国から東から
 ア チョイト 北の空から南の海も
 越えて日本へどんと来た
 ヨイショコーリャ どんと来た
 オリンピックの晴れ姿
 ソレトトントトトント 晴れ姿
 
 古賀政男の作詞に、作曲が宮田隆、当時第一人者の三波春夫が歌ったこの曲は、全国あまねく盆踊り会場を席巻したように思う。船橋ヘルスセンターのコマーシャルソングはいまや忘れ去られたが私には共に懐かしい。
| Diary | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
キャロット公園の盆踊り

JUGEMテーマ:地域/ローカル


 JR津田沼の南側領域の大部分を占める「奏の杜」の空間に、今や「ザ・タワー」なる44階建ての高層マンションの最上階が姿を見せてきた。積み木を乗せるように3階から4階分を一気に持ち上げてゆく工法を採っているようで、慣れるにしたがって上に揚がるほどそのスピードはアップしているようだ。驚くことには既に全戸完売だという。そんな街並みの一角にこのキャロット公園は存在するが、大勢が輪になって踊るには少しスペースが不足だった。奏の杜公園の広場を使えば、櫓でも建てられるのにと思ったが、なにかとやかましい規則があるかもしれない。
 屹立する高層マンション群に囲まれたこの小さな公園は、200人足らずの近隣住民ですぐ満杯になり、太鼓やスピーカーの周囲を三重、四重に囲んで踊りの輪ができたが、ものの1時間ぐらいであっという間に盆踊りは終わってしまった。「こうやって皆で昔盆踊りを楽しんだものだよ。」と小学生たちに眺めさせる程度のものだった。地球の反対側、南米アルゼンチンの町の盆踊りは、5千人以上の人々が楽しんだと、私はつい最近英会話のニュース教材で読んだばかりであった。
 50代、60代のベテランの女性たちがあまり見かけない。昔は婦人会やなにかでそろいの浴衣を着て踊っていたエネルギッシュな踊り手たち。また年寄りもほとんど見かけない。以前ならこの盆踊りだけは颯爽とやってきて、優雅に踊りまくる老人たちはいまやどこへ行ったのだろう。『また今年もやってきました。』と笑顔だけで元気を分けてもらえたものだ。そのうち秋田羽後町の西馬音内の盆踊りのように、蓑笠や継ぎはぎの衣装で身分や年齢を隠して踊らなければなくなるのか、と少し暗い気分になった。(2009年8月23日の当ブログ参照)
 踊りの周りで金魚つりの模擬店が店を出していたが、そのプラスチックの金魚を捕まえる薄いネットがなかなか破れなくて小さい子でも沢山採れてしまうのには笑ってしまった。それでも金魚は一匹だけよ、と言われ、あとは小さなあられ玉のようなボールにいまや金魚釣りもすっかり変わってしまった。
| Diary | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
大兄 ペナンに死す

JUGEMテーマ:日記・一般


 十日前ほどペナンの大兄がなくなったことを共通の友人が知らせてきた。大兄は非常にたくさんの友人に恵まれ、私もその端にぶら下がっていたものだが、実にいままで公私ともに大変お世話になった。ペナンにも二度、三度とお邪魔して彼のマンションに泊めて貰った。(このブログ、2009年4月を参照)
 映画や歌舞伎にも造詣が深く、いろいろ教えて貰うことが沢山あった。華麗な文楽の舞台も彼に導かれたものだ。大兄から頂いた本『文楽の女』(山川静夫著)にはなんと吉田蓑助の自筆署名が入っていた。残念ながら暇と金に不自由する私にはいつも就いて行くことは困難で、彼の豊富な知識の前に残念な思いもした。彼の姿は『助六』の舞台で黒簾の内から河東節を唸る蔵前の旦那衆の一人のように思えたものだ。ミュージカルの舞台も好んでよく見ており、越路吹雪とか木の実ナナと細川俊之の「ショウガール」など思い出深い舞台を語って尽きることはなかった。ブロードウェーで「コーラスライン」も見ているし、ロンドンのウェスト・エンドにも行っている。一度パリの町を案内する日本人を紹介してくれないかと言われて困ったこともあった。
 大兄の口から直に詳しく聞くことはなかったが、後半生では金銭的に大変な不幸が彼の身の上に招来して、とうとう日本を逃げ出してしまったのはバブル崩壊の直後であった。心臓や内臓の手術を行う羽目にも陥って、ペナンで本当に優雅な生活を過ごせたかどうかは疑問である。されば彼が特に好んだ『曾根崎心中』の一節を手向けよう。
  
  この世の名残、夜も名残。死に往く身をたとふればあだしが原の道の霜。
  ひと足づつに消えてゆく夢の夢こそ哀れなれ
  あれ数ふれば暁の、七つの時が六つ鳴りて、
  残るひとつが今生の、鐘の響きの聞き納め
  寂滅為楽と響くなり
| Diary | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
洗濯機の反乱

JUGEMテーマ:モブログ


 今年の初めごろから洗濯機が不調で、これはもう買い替えねばならないか、と思案していた。「ピー・ピー」鳴ってはまだ洗濯途中なのにすぐストップして、一回一回ボタンを押しに行かねば次に進まない異常事態に突入した。もうこれを買ってから14、5年は経過しているだろう。カミさんと電気屋に次の洗濯機の機種をどれにするか下見にまで行った。3月ごろにはこの引越シーズンが過ぎたら買い替えようかと相談していた。
 私はTV東京が企画する「職人ワゴン」という番組が好きでよくみる。大工とか左官、家具職人とか5、6人のチームで、ワゴン車に乗ってギリシャとかモルドバとかポーランドの片田舎に出掛け、幼稚園とか老人ホームなどの施設でひょいひょいと壊れた施設や道具を治してみんなに喜ばれるという他愛無いテレビ番組だが、いつもほのぼのとして見ている。中でも電気関係の修理を担当するオヤジさんがいて、その腕前にほれぼれとする。絶対そんな「名人」が私の周囲にもいるはずで、彼に見てもらえれば必ずこの洗濯機も息を吹き返すだろうと思った。
 そこではじめて「洗濯機の故障」という項目でインターネットを検索した。このボンクラ頭にも「排水」が満足にできていないことがすぐ判明。洗濯機と排水溝とをつなぐホースを点検したところ、なんと楊枝が7、8本詰まっていて、ゴミもそれに絡まって排水が十分にできていなかったのだ。それらを除去して洗濯機を動かしたところ、至極快調、全く今までなんだったのだろうと思うほど、静かに短時間で洗濯が終了して、カミさんと手を握り合わんばかりに喜んだ。それにしてもこの根本の原因は私が食後に使う楊枝の不始末に起因し、テーブルクロスに絡まって洗濯機に放り込まれたもの、とカミさんから断罪された。まあ、お陰で洗濯機は買わないで済んだ。めでたし、めでたし。
| Diary | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『平成最後の』ブログ

JUGEMテーマ:モブログ


 誰も彼もが『平成最後の・・・』というので、そんなのは陛下の意図するところではないだろうとややへそ曲がりな気分で過ごしている。新元号『令和』の意義は、平成時代に培った新しい世代の台頭をはっきりと具体化して世界に示すことであろうか。世界経済での地位の低下や自然災害の多発、テロや国際紛争の激化などいろいろあったが、わが国の歴史上、平成時代が大正時代のごとく影の薄いものになってしまう気がして仕方がない。
 個人的には平成時代は誠に残念な時代であった。平成最初の十年間は正しく激動の時代で、バブル経済の終いには愛する会社から放り出されてしまった。あとは自ら身を引いて隠棲してしまったが如き情けない体たらく。「歴史の荒波を泳ぎぬく」なんて恰好のよい姿はとうとう見せられず、終始アップアップしていた。今頃反省しても遅いのだが、なぜもっと積極的に勉強して辛い経験を積まなかったのか、と。幕末激動の時代を生き抜いた渋沢栄一の伝記『曖々たり』(津本陽著)を読みつつあらためて思った。
| Diary | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
時代が遠ざかる

JUGEMテーマ:モブログ


 おめでとうございます。本年も御贔屓のほどよろしくおねがいします。
昨年ほど台風が次々襲ってきて、地震は起きるし、熱波が容赦なかった年は思い出せない。被害に遭った方々には「まことにお気の毒で」としか言いようがないが、過去2001年のワールド・トレード・センター襲撃、2007年のリーマン・ショック、そして2011年の東北大震災が起きた年などに比較すれば、トランプ大統領がどんな御託を並べようと、難民の大行進が原因で各国の国民がより急進的なナショナリストを指向しようと、大したことではない気がしてくる。
 しかし気が付いてみると、自分の周りは全く新しい事象に取り囲まれていると最近強く感じ始めた。各種装置の無線・コンピューター化が基本にあるのだが、例えば自動車の自動運転システムなど自動化された倉庫の運営をより高度化したものであり、すでに鉱山などでは大型ダンプが無人で運行もされている。AIとかIoTとかもすでに実験段階は既にパスしたようだ。昨年あたりから現場でそれらが一斉に立ち上がってきた感じがする。これは一種の革命ではないかと。知らないうちに自分は取り残されて、時代が勝手に離れていっているのだろう。
 驚いているのは自分だけかもしれない。例えて言えば、紅白歌合戦に出てきた歌手をほとんど自分が知らないだけで、他の人々はみんな知っていて楽しんでいるということかもしれない。あるいは世界中にあふれている低所得層、難民たちもやがてすぐこれらの最新自動装置の打ちこわしの挙に出る可能性も示唆されている。国と国との戦争ではなく、シリアのようなゲリラの内戦状態に引きずり込まれる可能性だってある。
 今年米・中の経済戦争が激化する予想が盛んだが、中国人は案外個人主義的で、国家に縛られない思考や行動を個人はすると言われている。年の初めにあたってあまり不吉な予想は避けたいが、過去の日本人は太平洋戦争がはじまる時、どれほどアメリカ合衆国の実態を知っていたか、改めて中国人は想起してほしい。
| Diary | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP