After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
大兄 ペナンに死す

JUGEMテーマ:日記・一般


 十日前ほどペナンの大兄がなくなったことを共通の友人が知らせてきた。大兄は非常にたくさんの友人に恵まれ、私もその端にぶら下がっていたものだが、実にいままで公私ともに大変お世話になった。ペナンにも二度、三度とお邪魔して彼のマンションに泊めて貰った。(このブログ、2009年4月を参照)
 映画や歌舞伎にも造詣が深く、いろいろ教えて貰うことが沢山あった。華麗な文楽の舞台も彼に導かれたものだ。大兄から頂いた本『文楽の女』(山川静夫著)にはなんと吉田蓑助の自筆署名が入っていた。残念ながら暇と金に不自由する私にはいつも就いて行くことは困難で、彼の豊富な知識の前に残念な思いもした。彼の姿は『助六』の舞台で黒簾の内から河東節を唸る蔵前の旦那衆の一人のように思えたものだ。ミュージカルの舞台も好んでよく見ており、越路吹雪とか木の実ナナと細川俊之の「ショウガール」など思い出深い舞台を語って尽きることはなかった。ブロードウェーで「コーラスライン」も見ているし、ロンドンのウェスト・エンドにも行っている。一度パリの町を案内する日本人を紹介してくれないかと言われて困ったこともあった。
 大兄の口から直に詳しく聞くことはなかったが、後半生では金銭的に大変な不幸が彼の身の上に招来して、とうとう日本を逃げ出してしまったのはバブル崩壊の直後であった。心臓や内臓の手術を行う羽目にも陥って、ペナンで本当に優雅な生活を過ごせたかどうかは疑問である。されば彼が特に好んだ『曾根崎心中』の一節を手向けよう。
  
  この世の名残、夜も名残。死に往く身をたとふればあだしが原の道の霜。
  ひと足づつに消えてゆく夢の夢こそ哀れなれ
  あれ数ふれば暁の、七つの時が六つ鳴りて、
  残るひとつが今生の、鐘の響きの聞き納め
  寂滅為楽と響くなり
| Diary | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
洗濯機の反乱

JUGEMテーマ:モブログ


 今年の初めごろから洗濯機が不調で、これはもう買い替えねばならないか、と思案していた。「ピー・ピー」鳴ってはまだ洗濯途中なのにすぐストップして、一回一回ボタンを押しに行かねば次に進まない異常事態に突入した。もうこれを買ってから14、5年は経過しているだろう。カミさんと電気屋に次の洗濯機の機種をどれにするか下見にまで行った。3月ごろにはこの引越シーズンが過ぎたら買い替えようかと相談していた。
 私はTV東京が企画する「職人ワゴン」という番組が好きでよくみる。大工とか左官、家具職人とか5、6人のチームで、ワゴン車に乗ってギリシャとかモルドバとかポーランドの片田舎に出掛け、幼稚園とか老人ホームなどの施設でひょいひょいと壊れた施設や道具を治してみんなに喜ばれるという他愛無いテレビ番組だが、いつもほのぼのとして見ている。中でも電気関係の修理を担当するオヤジさんがいて、その腕前にほれぼれとする。絶対そんな「名人」が私の周囲にもいるはずで、彼に見てもらえれば必ずこの洗濯機も息を吹き返すだろうと思った。
 そこではじめて「洗濯機の故障」という項目でインターネットを検索した。このボンクラ頭にも「排水」が満足にできていないことがすぐ判明。洗濯機と排水溝とをつなぐホースを点検したところ、なんと楊枝が7、8本詰まっていて、ゴミもそれに絡まって排水が十分にできていなかったのだ。それらを除去して洗濯機を動かしたところ、至極快調、全く今までなんだったのだろうと思うほど、静かに短時間で洗濯が終了して、カミさんと手を握り合わんばかりに喜んだ。それにしてもこの根本の原因は私が食後に使う楊枝の不始末に起因し、テーブルクロスに絡まって洗濯機に放り込まれたもの、とカミさんから断罪された。まあ、お陰で洗濯機は買わないで済んだ。めでたし、めでたし。
| Diary | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『平成最後の』ブログ

JUGEMテーマ:モブログ


 誰も彼もが『平成最後の・・・』というので、そんなのは陛下の意図するところではないだろうとややへそ曲がりな気分で過ごしている。新元号『令和』の意義は、平成時代に培った新しい世代の台頭をはっきりと具体化して世界に示すことであろうか。世界経済での地位の低下や自然災害の多発、テロや国際紛争の激化などいろいろあったが、わが国の歴史上、平成時代が大正時代のごとく影の薄いものになってしまう気がして仕方がない。
 個人的には平成時代は誠に残念な時代であった。平成最初の十年間は正しく激動の時代で、バブル経済の終いには愛する会社から放り出されてしまった。あとは自ら身を引いて隠棲してしまったが如き情けない体たらく。「歴史の荒波を泳ぎぬく」なんて恰好のよい姿はとうとう見せられず、終始アップアップしていた。今頃反省しても遅いのだが、なぜもっと積極的に勉強して辛い経験を積まなかったのか、と。幕末激動の時代を生き抜いた渋沢栄一の伝記『曖々たり』(津本陽著)を読みつつあらためて思った。
| Diary | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
時代が遠ざかる

JUGEMテーマ:モブログ


 おめでとうございます。本年も御贔屓のほどよろしくおねがいします。
昨年ほど台風が次々襲ってきて、地震は起きるし、熱波が容赦なかった年は思い出せない。被害に遭った方々には「まことにお気の毒で」としか言いようがないが、過去2001年のワールド・トレード・センター襲撃、2007年のリーマン・ショック、そして2011年の東北大震災が起きた年などに比較すれば、トランプ大統領がどんな御託を並べようと、難民の大行進が原因で各国の国民がより急進的なナショナリストを指向しようと、大したことではない気がしてくる。
 しかし気が付いてみると、自分の周りは全く新しい事象に取り囲まれていると最近強く感じ始めた。各種装置の無線・コンピューター化が基本にあるのだが、例えば自動車の自動運転システムなど自動化された倉庫の運営をより高度化したものであり、すでに鉱山などでは大型ダンプが無人で運行もされている。AIとかIoTとかもすでに実験段階は既にパスしたようだ。昨年あたりから現場でそれらが一斉に立ち上がってきた感じがする。これは一種の革命ではないかと。知らないうちに自分は取り残されて、時代が勝手に離れていっているのだろう。
 驚いているのは自分だけかもしれない。例えて言えば、紅白歌合戦に出てきた歌手をほとんど自分が知らないだけで、他の人々はみんな知っていて楽しんでいるということかもしれない。あるいは世界中にあふれている低所得層、難民たちもやがてすぐこれらの最新自動装置の打ちこわしの挙に出る可能性も示唆されている。国と国との戦争ではなく、シリアのようなゲリラの内戦状態に引きずり込まれる可能性だってある。
 今年米・中の経済戦争が激化する予想が盛んだが、中国人は案外個人主義的で、国家に縛られない思考や行動を個人はすると言われている。年の初めにあたってあまり不吉な予想は避けたいが、過去の日本人は太平洋戦争がはじまる時、どれほどアメリカ合衆国の実態を知っていたか、改めて中国人は想起してほしい。
| Diary | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
冷蔵庫買い替え

JUGEMテーマ:モブログ


 ここ二年ばかり急速に身体が弱ってきた感じがする、夫婦ともに。腰痛、白内障、頻尿、皮膚炎などなど。一番の悩みは認知症を発症したかと思われるほどお互い記憶がおぼつかなくなってきたこと。打てば響くような素早い問答はもうとても無理になってきたし、会話がもどかしくなってきた。お互いエンディグノートをもう用意しなければいけないのか?
 自分たちの身体だけでなく、周囲の器具類までいろいろ故障がちになり、悲鳴を上げ始めた。まず東芝のパソコンが10月画面が黄変してちらつくようになり、しかも明らかにウイルスに侵された感じでうるさいコマーシャルが頻繁に現れた。6個もウイルスに取りつかれていると診断される。次にSONYのポータブルラジオがCDを聴けない現象。メーカーからのリコール通知で故障と分かった。さらに夏頃より東芝洗濯機も素直にすすぎからしぼりに移行しないでピーピー鳴ってうるさくてたまらない。そのたびに「手動」で操作しなければならない。そして日立の冷蔵庫が漏水し始めた。もう20年ぐらい使ったかしら。キッチンの床に小便を垂らしたような事態に、「この漏水はちょっとぐらい修理したのでは治らない。」とカミさんがご託宣。早速買い替えることになった。
 いままで250リッターぐらいの冷蔵庫だったので、少なくとも300L以上のものを購入すると思っていたところ、なんと170Lの小さな三菱の冷蔵庫を求めた。これでは酒の置き場がないなあと思ったが、カミさんはこまめに買い物をするからいいのだと言う。たまたま次の英会話教室でこのことを暴露したら、アメリカ人のマダムは「あら、奥さんは料理がきらいになってきたのかもね。」と批評した。しかしカミさんに言わせると「料理の嫌いな人ほど加工済みチルド製品を大量に買い込む。それで大型冷蔵庫を満杯にしているのよ。」と反論する。買い物は運動と頭の体操に大変効くと一向に気にしなかった。だがいつも満杯の冷蔵庫を前に、私はビールの保冷場所を探すのにいまや大変苦労している。
| Diary | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
地震、台風、パソコン・ウィルス

JUGEMテーマ:モブログ


 凡そ三日間行方不明だった二歳の幼児をまるで魔法のように探し出したボランティアの尾畠さんのように、北海道胆振方の地震で土中に生き埋めになった人々を救い出せたらどんなに素晴らしいことだろうと思った。大量の土砂崩れですでに三日過ぎて40人以上の犠牲者を数える。北海道全域の発電装置が全面的にブラックアウトしてしまったのは、もしかすると国防上の秘密ではなかったのか。また今年は台風も次々襲ってきたすでに21号に達する。大抵の日本家屋は一度に200ミリの豪雨に遭遇すれば被害は広がるばかりだ。交通や電気・通信のライフラインはズタズタにされる。それにしても新関西空港の連絡橋を破壊したタンカーの船長はその不注意を責められても仕方がない。
 この様な自然災害だけでなく、パソコンの不具合も意気消沈させられる。このブログの更新も二カ月あまり進まないで読者には大変申し訳ない。Smart-Pc-CareとかDriver-Updaterなどひっきりなしに画面右隅に登場して煩わしいこと夥しい。腹立たしいことに消しても消してもまた現れる。パソコンの動きも非常に遅い。どうやらウィルスに感染したらしい。それにしてもマイクロソフトやノートンはなにをしているのだろう?金を返せと言いたくなる。
 先月末に信州駒ヶ根に旅行して、高原の温泉に浸って旨いものを食べてきた。しかし旨いものが目の前に次々現れてももうそんなにたくさんは食べられない。クヤシイではないか。日本一高度のロープウェイに乗って千畳敷カールで遊んだが、駒ケ岳(宝剣)の登りがまるで反り返って圧し掛かるほどに急に見えたのは少しショック。駒ケ岳には若い時2度も登頂したことがあるのに。もう登山は無理だなあとカミさんに話した。養命酒の工場見学までして長寿を願ったのに、これもまたクヤシイ話である。
| Diary | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
春の大運動会

JUGEMテーマ:モブログ


 小学4年生になったリリーちゃんの運動会に行ってきた。私が最近よく散歩に来る谷津干潟のすぐ隣にある谷津南小学校は、校庭が広くてなかなか気持ちがよい。リリーちゃんは応援団の一員に加わって大きな旗を振り回していた。うちの孫娘も100メートルの徒競走では3着に、障害物競争では1着トップになった。いつの間にか背丈も伸びて(1.38m)ちょっとやる気が出てきたように思える。
 子供の競争では最初の10メートルぐらいでついた差は、拡がりこそすれなかなか縮めることができないが、頑張っているならゴールまであと10メートル、20メートルのところで、相手が先に疲れてきたり気を緩めたりするので、僅かに先着の可能性がある。だから「あきらめるな!」といったり、「がんばれ!」と一生懸命声援を送るのだが。
 父兄の応援席にキャンプ用の丸い小さなドーム型のテントが、ぐるり密集して張られているのが最近の新しい傾向か。確かに強い日差しに対しては効果がある。(昔ながらに本部席や来賓席はきちんとしたテントが張られている。)自分の子供たちが登場するときは観覧席に出張ってゆくが、若い父親たちはカメラマンとしていつも忙しい。
 この小さなテントでは、太宰治の『津軽』の情景を思い出した。小さい時に別れ離れになってしまった乳母のタケさんと何十年振りかに津軽の小学校の運動会で再会する。二人は掛小屋みたいなところから運動会を見ている。校庭ではカケアシをしているのか、綱引きをしているのか、それとも玉入れなのか、そんな運動会の描写はなにもないが、ぼんやりとしたそんな背景の中に、過ぎ去った昔の鮮明な記憶がお互いよみがえってくる。
| Diary | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
混迷の中東情勢

JUGEMテーマ:モブログ


 意識不明の赤ん坊を必死に介抱する映像に見られる、シリアのダマスカス郊外で起きた毒ガス攻撃に対し、アメリカのトランプ政権はシリアのアサド政権の仕業とみなして、100発以上のミサイルをシリアに昨日発射した。これはますます熱い戦争になってきた。(このミサイルをロシア製の応撃ミサイルがかなり撃ち落としたという。)
 昨年春以来のアメリカの実力行使だが(イギリスやフランスも化学兵器の使用は許さないとして同調しているが)、判りづらいのは地政学的に見てロシアやトルコがイランと一緒になってアメリカを非難していることだ。イランとアサドのシリア政権はシーア派のイスラム教徒。シリアやイラクにまたがる「イスラム国」を標榜する反政府勢力はスンニ派が主力。サウディ・アラビアはイランに敵対する厳格なスンニ派のイスラム教徒。イスラエルも反イスラム勢力として、イランの核装備を非常に警戒している。またサウディ・アラビア王家に敵意を抱くシリア隣国のヨルダンはイスラエルに同調する。そしてこの中東全域に昔のオスマン・トルコの幻影を抱くトルコが一番警戒しているのは、シリア・イラク・イランにまたがるクルド人の国家の成立だ。そのためアサド政権を維持しなければならないと思っている。サウディ・アラビアがアメリカの基地を嫌ったり、ロシアから原発を購入していることも中東混迷の原因となっている。
 ロシアがイギリスでKGBの元スパイを毒殺して互いに非難の応酬があり、英米仏とロシアは国交断絶とまでは行かないが互いに外交官を追放している。アメリカは中間選挙を控えてトランプ政権はガタガタしたままで、米中は貿易戦争が再燃し、日本もひとり寝を楽しでいるわけにはゆかない。尤も森友学園や加計学園の獣医学部創設の問題に関する政府の秘密文書が暴かれて、安倍内閣の足元もいよいよおかしくなってきた。
| Diary | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ホーキング博士の死

JUGEMテーマ:モブログ


 この3月14日にスティーブン・ホーキング博士が亡くなった。76歳だという。その棺はウエストミンスター寺院に埋葬されてニュートンなどの棺と並んで置かれるらしい。だが、あの『異形の』物理学者が自分と同じ年代を生きたということに驚いた。歩くことはもちろんペンを持つこともできない筋萎縮性側索硬化症という奇病も、博士の影響でポピュラーになってしまった。ブラックホールの成り立ちなど博士の理論はよくわからないが、なんとも痛々しい彼の病身には同情してしまう。しかし彼は障害とともに生きることについて、自分のできることに集中してできないことは無念に思わず、精神的に打ちのめされてはいけないと障害者にエールを送っている。
 博士が近年語ったことでは、地球人がより数段知能が進んだ宇宙人に遭遇したとき、かれらとできるだけ接触しないように努めるべきだ、というのが私の印象に強く残っている。過去の地球の歴史においても、二つの文明の遭遇は悲劇しかもたらされていないことを肝に銘じるべき、というのである。
 「しかし未来について考える際に人々が犯す間違いの一つは、自分たちはお芝居の大詰めを見ていると思っていることです。」と、多くの人は警告しているが、なにかますます混沌とした世界情勢に、いつ核戦争が起きてもおかしくない空気が世界のいたるところで醸し出されている気がしてならない。
| Diary | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
平成30年(2018)年賀
  新年おめでとうございます。
今年も御贔屓にお付き合い願います。
今年の年賀状は、新年の抱負を述べるどころか「ここのところ身体のあちこちにガタがきています」と、図らずも健康に対する不安を訴える内容となってしまった。
 昨年末同窓の仲間との忘年会では、政治から社会・経済問題まで幅広く議論した。みな喜寿を迎える年齢ながら闊達で、談論風発の楽しいひと時を過ごした。しかし、日頃皆が飲んでいる薬の種類の多いこと、誰しも皆ほゞ同じ健康状態とわかり一様に驚く。私自身も食事の前後「薬はもう飲みましたか?」と毎度カミさんに急かされて、とっかえひっかえ、4種の薬を飲んでいるが、なんと9種類もの薬を毎日飲んでいる仲間もいて、この話題大いに盛り上がってしまった。今でこそ世界の飢餓や戦争、信仰や国家の議論に熱くなっているけれど、これからはいやでも応でも自分自身の健康状態を保つことの方にに神経をすり減らす、辛い精神状態に陥いるのかもしれない。
 誰しも辛い老後は嫌だと悲鳴を上げるが、(そして好んでこの話題を取り上げるが)ほとんどの人は歯を食いしばって我慢する。一部の人はまるでそんなことはないことのように飄々と生きる。それを悟って泰然と生きる人は少なかろう。泰然とは生きられない性質だから、せめて私は飄々と生きることを目標にしたい。もうそんなに頑張ることもないだろう。
| Diary | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP