After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
映画「ノー・エスケイプ 自由への国境」
 映画は突然始まって、突然終わるような「不条理劇」の様相を呈す。原題はスペイン語で”DESIERTO 砂漠”である。もっともアメリカとメキシコの国境をこれから不法に越えようとする16人の、メキシコ人一人一人について、その前歴を語っていたなら、それだけで映画は終わってしまう。主人公モイセス(ガエル・ガルシア・ベルナル)はアメリカにいる家族に会うためとしか語られていない。
 見た感じからすると「砂漠」というより「荒野」の、簡単な有刺鉄線の国境を越えた不法侵入者たちは、突然急に猛犬を連れたサム(ジェフリー・ディーン・モーガン)という「殺し屋」に追い立てられる。単に『法を犯している』という理由だけで、なぜ彼らは殺されなければいけないのか、あまり明快な説明はない。獲物を追うハンターの心理だけ。越境者たちは次々とサムのライフルの餌食となってゆく。最後一人になっても必死になって逃げるモイセスを、サムは執拗に追いかける、どこまでもどこまでも。
 この作品、アルフォンソ・キュアロン監督の前作「ゼロ・グラビティ」と比較すると、人間の悪意が底に絡んでいるだけに苛立たしい心理劇ともなっている。ウィキペディアによれば、アメリカ合衆国には毎年約百万人の不法入国者が存在し、そのうちの約8割がメキシコ人だと言われる。彼らはアメリカの農業を支えているとも言える。また石川好の『ストロベリー・ボーイ』などで読むとおり、アメリカの農業労働者の約45%がこれら不法移民だという。基本的にこのような構造自体を変えずに、侵入移民だけを厳しく取り締まろうとするのは、酷く片手落ちだと思うが、この映画はそこまでは語っていない。むしろ人々の心の中に広がる『砂漠』かもしれない。
 
| Movie | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
城ケ崎海岸でソバ打ち体験
 このゴールデンウィークに家族で旅行に出かけるのが慣例になってきた。息子たち二家族とわれわれ夫婦で計8人の大所帯。ここ数年陶芸とかガラス工芸などの体験学習を旅行の工程に加えて、ワイワイガヤガヤと賑やかに遊んできた。伊東や伊豆高原で遊んだ今年は、城ケ崎海岸でソバ打ちにトライすることになった。
 ソバを実際に粉からこねるとこから始めて、麺棒でのして、短冊に切って、茹でて最後自分で賞味するまで全部で約二時間弱のコース。ベテランのおばちゃん先生が厳しくも優しく指導してくれる。曰く
 「まずは先生の話しをよく聞き、その手元を見ていないといけない。」
 「ベテラン主婦はなかなか上達しない。」
どうも勝手にチョコマカと走る生徒は、ソバ打ち名人にはなれないようだ。見よう見まねでこね始めたら、なかなか姿が良いと褒められる。お世辞と分かっていてもうれしい。練りすぎてもよくないようで時間との勝負でもある。陶芸の加藤唐九郎さんはソバ打ちの名人でもあったと、かって大内侯子さんの随筆で読んだことがある。むべなるかな!また上手に麺棒を使ってソバ生地を引き延ばしてゆくコツが求められる。私のはシワが寄ってしまった。曰く
 「生地の最後の10%ぐらいをうまく仕上げられるかどうかが、蕎麦屋の損益に大きく影響します。」
畳んだ生地を切る時、肩の力を抜いてリズミカルに大きなソバ包丁を送ってゆくのがなかなか難しい。
 全く自画自賛だが、茹で上がった自分のソバは正直うまかった。ほかの人のソバと食べ比べしてみると、確かにみなそれぞれ味が異なる感じがした。最後に先生の作品を賞味したが、これは正しく逸品と言えるものだった。同じ材料を使いながらこれほど舌触り、香り、甘味が違ってくるのかと皆同じように感心した。 

| Food | 18:31 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
新海誠 動画「君の名は。」
 かなり遅れたが評判の長編アニメを見に行った。自分としては時空を超えて人々が煩悶したり躍動する物語は、『聊斎志異』以来嫌いではないはずなのに、この作品はよくわからなかったし、面白くもなかった。「ラ・ラ・ランド」や、批評は書いてないが「ムーンライト」なども少しも面白くなかった。この頃自分の頭が老化現象を起こしていて感度が鈍り、皆が面白いという作品をことごとく貶しているとしたら、これは私にとって大問題である。
 地球に接近はするものの、まさか衝突するとは予想していなかった彗星が、急に分裂してその破片が飛騨の山奥に落下して鄙びた町を全滅させる。この時点で時空は飛び離れて、瀧という男子高校生と三葉という女学生が入れ替わる、という話ではなく、その以前に二人の異次元交流があったようだ。しかもどうも二人にとって同時間ではなく、3年間ぐらい時間もずれているような話になっている。それぞれの人体の置換については説明があっても、それぞれの時間差についてはこの映画の観客が推量するしかない。でもその時間差があるからこそ、この天災を最小限に留めようと二人が奮闘する意味が分かるのだけれど・・・
 北朝鮮が核実験やミサイル発射を止めないでいるなら、いつ何時不測の事態が生じるかもわからない状態になってきた。SF作家小松左京の『影が重なる時』では、北方より飛来してくる原子爆弾に、呪文を掛けられた如くまるで誰もが身動きができない時間と空間を嵌められる瞬間を描いている。北朝鮮に対し急ピッチに進む武力制圧方針は何が起きるか非常に不安である。それ以外の解決策が是非とも望ましい。
| Movie | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
お疲れさま、カミさんの退職
 地元二宮町の御嶽神社でいまサクラソウの展示会をやっている。秋の菊の展示会に比較すると三分の一ぐらいのよしず張りのスペースだが、つぶさにひとつひとつのぞいてみると、これもまた非常に面白い。『神は細部に宿る』というべきか、小さいながらも花の形、その色と艶と、栽培家はよくこれだけ見事に変化した現象をそれぞれに引出してきたのかと驚いてしまう。出展者の中には菊の時も出展していた名前もあって、これは年中相当忙しいしごとだなあ、自分にはできないことだなあと推測する。
   わが国は草も桜を咲きにけり  一茶
 ソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまい、いまは八重桜が盛ん。鷺沼の白鷺園が今年も見事だ。そして今が一番いろいろな花が咲き揃う時期ではないか。我が家の小さな庭も、白のシャクナゲや真っ赤なボタン、チューリップにツツジ、フリージアにパンジーなど花を咲かせ、スナックエンドーやイチゴも白い花を付けている。季節はまた新しい生命を送り込んできた。
 ここ十年来仕事に打ち込んできたカミさんが、この三月でとうとう辞めた。三年前に肺炎を患って以来、どうも彼女の体調は完全ではなく、いまでは4か所も医者通いをし、毎日たくさんの薬を飲み、相当無理をしてきている。すぐ弱音を吐く私と違って、苦しいとか痛いとかは言わないが、正直その体形はすっかり『おばあちゃん』になってしまった。今はスマホの万歩計をもって1時間ぐらいは散歩できるようになったが、夜遅くまで仕事を続けるのは無茶だ。私はカミさんの退職に聊かほっとしているのだが、これから毎日家でツノ突合せると思うとやや憂鬱である。
 カミさんは退職のアイサツ状を今までお世話になった人たちに送った。私の場合は、自分から飛び出して辞めたり、クビを宣告されて退職したので、こんな挨拶など書きようがなかったが、ちらほらと返ってくる手紙を読ませてもらうと、カミさんが職場の人たちに愛されていたことが私にも実感でき、とてもうれしかった。本当は私からも皆さん方に感謝を奉げたい。長い間どうもありがとうございました。
| Diary | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
米のシリア爆撃
 今まで政治に全く関与していなかったトランプ氏が米大統領になって、なにかきな臭い、不安定な世界情勢になってきた。トランプが危機を煽り立てる要素は確かにあるかもしれないが、アメリカの景気は悪くないし、失業者も世にあふれているわけでもない。そんなにヒステリックになる必要はないのだ。ものごとはそう性急には解決しない。
 いまシリアでサリン化学兵器が使用されたことで、59発もの巡航ミサイルを撃ち込む必要が本当にあったのかとおもう。アメリカの『威信』を世に示したかっただけではないか?シリアのアサド大統領やロシアのプーチン大統領との対話を蹴って。悲観論になるが、これからますます国連や同盟国との協調をトランプ大統領は無視してゆく可能性が大だ。核実験やミサイル発射実験を続ける北朝鮮だって危うい。北朝鮮は黙ってトランプの先制攻撃に耐える度量はないから、そうなれば韓国や日本に原爆ロケットを打ち込むことだって辞さないだろう。金正男を暗殺した手口を想起すべきだ。
 パリやロンドン、ブリュッセルやベルリンに加えて今度はストックホルムでテロ事件がまた勃発した。非常に忌まわしい事件だが戦争に巻き込まれるよりまだ対処の仕様がある。難民問題だってなんとか解決する方策が見つかるだろう。しかしアフガニスタンやイラクで見たように、一旦戦争になったならば、悲惨な結末しか思い浮かばない。最近ラジャフ・チャンドラセカランの『グリーン・ゾーン』を読んだが、これらの国を第二次世界大戦後の日本やドイツのごとくうまく治められるとは考えない方が良いだろう。昨日トランプ大統領と習近平主席が仲良くフロリダで会談したが、私は米中関係の今後にあまり期待が持てない。二人とも非常に不安定な基盤に立っているから。それにしてもわが日本はいつまで豊洲市場や森友学園の問題に引っかかっているのだろう。
| Diary | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
近江八幡 舟巡り
 4月1日、東京はもう桜が満開(ここ千葉は精々三分から五分咲きなのに)と聞き、じっとしてはいられないと関西に出かけたところ、琵琶湖周辺の桜はまだ残念ながらようやく開花し始めたばかり。今年は全体的に関西より関東の方が開花が早かったようだ。米原に泊まって窓を開ければ、琵琶湖の対岸の比良の山々から北の賤ケ岳、背後の伊吹山まで山の峰々はまだ雪を被っていて、湖面を渡る風は冷たかった。
 近江八幡の街の佇まいがしっとりとして素晴らしかった。街並みといい、人々の歩くさまといい、なにか別次元の世界に入り込んだ気がした。家々は確かに伝統的な造りになってはいるが、そんなに古ぼけてはいない。古い建物で白雲館や郵便局も残されているが、みな手入れが行き届いている。商家の玄関の黒格子や破風も板塀などもみなしっかりと磨かれているような感じ。
 老舗の『西川』という料理屋で近江牛を食した後、八幡堀の舟遊びを楽しんだ。僅か30分か40分の堀巡りだったけれども優雅な大宮人になった気分を満喫した。堀端から垂れる桜の枝が満開の花を付けているのを想像して満足するしかなかったが・・・。この町を作った関白秀次の悲劇は忘れよう。あの素晴らしい安土城の片鱗がここに残っている。この水路が近江商人を育んだという。
 今から40年前ごろ私はこの近辺、野洲に製造工場があってよく仕事で来たが、琵琶湖周辺はほとんど知らない。うちのカミさんから湖東三山の楽しい思い出はたくさん聞いているし、古い街並みの五個荘へも行きたい。また昨年11月上野の国立博物館で櫟野寺の十一面観音像を拝んで以来、少し足を伸ばして甲賀へも行って、あの素晴らしい観音様を仰ぎ見たいと思っている。さて実現できるだろうか?
 
| Travel | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP