After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
磯田道史「武士の家計簿」

JUGEMテーマ:読書


 先週株価はニューヨークも東京市場も大きく下げ、1929年の"The Great Crash"を思わせるような相場変動を見せた。1987年のブラック・マンデーや2008年のリーマン・ショックを凌ぐこの株価値下がりで、日経によれば世界株の時価総額は約5兆ドル(約540兆円)減ったと言われるが、すべてがコンピューター操作のためか一向に深刻な感じは出ていない。この1週間で日本株は8.1%安、米国株5.2%、英国株4.7%、中国・香港株9%超えの下落と大きいのに、紛争や難民の問題でも直接わが身に降りかからないとなかなか実感しないというのは困ったものだ。本当に世界はこんなに激しく動いているのだろうか、と。
 若手の歴史家で最近テレビ番組でお馴染になっている磯田教授の本を読むのはこれが初めてで、(映画化もされたが見ていない)ちょっとワクワクしながら手に取った。こんなことは久しぶり。実際この本の行間から、彼の少し甲高い声が聞こえてくるような楽しみを味わった。加賀藩の会計処理を扱った下級武士猪山家の天保(1842年)から明治12年(1879年)までの家計簿をつぶさに検討、当時の金沢城下にタイムスリップして、現在の物価と照らし合わせまでしている。磯田は猪山家の入払帳を表計算ソフトExcelに入れて、その家計収支を見た。『猪山家の人々にしてみれば、百六十年たって、自分のつけた家計簿がパソコンで電算処理されるとは、夢にも思っていなかったであろう。』と機嫌よく記している。
 前田家の加賀藩はそんなに貧しい藩ではなかったと思うが、それにしても年収の2倍の借金を猪山家が背負っているというのは苦しい。よく思い切って家財を売り借金を減らし、生活もかなり切り詰めた思うが、息子がさらに高給を得られる立場に立てたのも幸いしている。(明治に入っては、一般の士族が困窮する中に、海軍に出仕して最高の高給取り「官員」となった) 江戸幕府から明治新政府へ大きく時代が変わるときに、個人もまた否応なく変化しないではいられないことを、武士の家計簿からも読み取れる。私は当時の武士が自分の知行地を知らなかったということにびっくり仰天した。武家支配とはなんっだったのだろうと考えさせられた。
| Book | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
映画「スリー・ビルボード」

JUGEMテーマ:映画


 さほど話題にはなっていないが、この映画アカデミ―賞候補として賛否両論が渦巻いているそうだ。私は断然賛成票を投じる。この混沌とした世相の中で自分の意志を貫くという骨太なテーマが生きている。
 7カ月前、ミズーリ州地元の田舎町で娘がレープされた上、焼き殺された事件が今だなにも進展を見せないことに怒ったその母親のミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、大きな屋外広告3枚ににウイロビー署長(ウディ・ハレルソン)の怠慢を責める広告を張り出した。人種差別主義者のディクソン巡査(サム・ロックウェル)などを筆頭に、牧師や町の人びとから村八分のような取り扱いを受けながら、それに少し乱暴すぎるくらいの反発を見せる。さまざまな妨害工作を排除しながら自分の仲間を増やし、事件解決への方向を探るミルドレッドに熱い拍手を贈りたい。映画の終わり方も余韻を残して好かった。監督 マーティン・マクドナー
 思えば日米開戦のとき、米議会でただ一人開戦決議に反対したジャネット・ランキンという女性がいましたね。この決議が真珠湾の悲劇直後だったことを想うと、彼女は驚くほど思慮深く且つ豪胆な女性だったと思わないではいられません。
 
 
| Movie | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
能 「二人静」

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 渋谷から銀座、新装のGINZA SIXの地下三階に収まった観世能楽堂に初めて参る。正面に向かって右側の壁がもう2Mほど奥に広がっていたらとか、もう少し座席に余裕があれば上背のある外人が前に座っても大丈夫なのだがなとか、字幕スクリーンがあれば、など注文はいろいろある。しかし銀座の喧騒を一時でも忘れさせるこの空間をしばし楽しむことができてうれしかった。
 吉野勝手明神の菜摘女に静御前の霊が憑依し、やがて二人して舞うというこの物語は、現れた静御前の霊は本来我々の目には見えない存在として舞っているのかもしれない。最初菜摘女にその菩提を弔うために一日経を書いてほしいとその霊は無理難題を押し付けます。大勢で一日がかりで写経をしてくださいと依頼するのです。『もしも疑う人あらば、その時わらわはおことに憑きてくはしく名をばなのるべし』と。憑依した女に神職も我々観衆も静御前なら舞を舞って見せろとせがむと、本物の霊が現れるという劇的な展開になります。『船弁慶』でも白拍子の芸を静御前に強要しているのと同じ筆法です。
 しづやしづ しづの苧環繰り返し 昔を今になすよしもがな
私は以前この面を付けて視界が狭められた踊り手二人が、見事息を合わせて踊る様子に感嘆する文章を読んだことがある。実際に初めてみたこの舞台は、少し合っていないような感じがした。一緒に見たうちのカミさんは、むしろ意識して少しずらしたのではないか、と感想を漏らした。ふたりの顔つきが似ていなかったことも私の印象を妨げたのかもしれない。しかしふたりの舞姿がとても優雅だったことはまちがいない。
静御前と静御前の霊が乗り移った菜摘女の全く相似た容姿二人が同じ所作で踊る有様は、同じ人物の心の内側で起きる相克を現わしているのではないかと思えてきた。それにしても、われわれは自分と対立したり、同調したりするもう一人の自分といつも争っているような気がする。そして、ひとはどっちの自分を見ているのだろうかと。
 
| Art | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
東山彰良「流」

JUGEMテーマ:読書


 私は高校時代非常に偏った読書歴を持ったため、大学に入ってからもその影響からなかなか逃れることができなかった。そのひとつがアグネス・スメドレーの「偉大なる道」だ。中国共産勢力の、本当は惨憺たる敗走を見事な勝利への助走と位置付けた長征、朱徳将軍や毛沢東への賛辞、農民から針一本盗まなかったという紅軍の規律などなど。それからエドガー・スノーの「中国の赤い星」。だから一方的に蒋介石を悪人扱いしていた。実際彼は青パンの杜月笙と刎頸の交わりをしていた。アヘンを密かに生産していたし、あの台湾に押し入ってメチャクチャにしたと。しかしだんだん蒋介石も一個の英雄。日本を泥沼の戦争に引きずり込んだのは彼のなせる業と思うようになった。共産中国も大飢饉に対処できず何百万と人民を殺している。知らぬ存ぜずでは見逃せない大きな数字である。
 この小説は自分たち仲間と不良仲間との抗争、町のチンピラとの抗争、そして自分の祖父たち国民党が青島で戦った共産勢力との抗争の三つの抗争を、祖父の変死を軸に描いている。なぜこんな無残な姿で祖父は殺されねばならなかったのか?ここには三民主義も共産主義も出てこない。日本のアコギな侵略思想も優れた植民地統治もあまり顔を出さない。あの戦争は何だったのか、主人公・葉秋生が負ったと同じような自傷的な側面が見えてくる。
 
| Book | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
『2018年の予想問題』

JUGEMテーマ:ビジネス


 昨年末株価は日経平均で23,000円の大台に乗りそうで乗らなかったのに、今年に入ってあれよという間に上昇、本日(1/16)も23,951円という26年振りの高値を記録した。円相場も堅調で110円/$あたりにある。今年の予想も案外難しいかもしれない。
 毎年のゼミ同窓との知恵比べで、昨年『2017年の予想問題』の経済予測は下記の通りで、票が割れた。
(1)日本経済は昨秋からの好調な経過を維持し、日経平均株価は22,000円を超える時もある。(正解 ○)
(2)円安基調は変わらず、為替レートが対ドルで125円以上の円安となる時もある。(正解 ×)
楽観論と悲観論が交差する設問は、(1)が9人中4人正解、(2)が3人正解だったが、両問とも正解した仲間はいなかった。 そして今年『2018年の予想問題』でも実は票が割れている。貴兄ならどちらに投票する?
(1)日本企業の高収益が継続し、日経平均株価は終値で25,500円を超える日がある。(○ 5、× 5)
(2)日銀の金融政策の継続もあり、円の対ドル為替相場は、1ドル100〜120円のレンジ内で安定的に推移する。瞬間でもこの範囲を逸脱することはない。(○ 6、× 4)
 ニューヨーク・タイムズのニコラス・クリストフ記者が語るには、北朝鮮の核の脅威、米議会の混乱、イエーメンやシリアでの内乱、ミャンマーでの残虐行為、おバカなことをするトランプ大統領など、確かに世界は非常に危険な混乱の中にあるけれど、確実に世界の極貧生活の人びとの数は激減し、病気や文盲も減少、子供たちの命は救われた。振り返ってみて2017年は最良の年だったのではないだろうかと述べている。今年もその流れに乗って欲しいと。
 この皮肉な楽観論の根底にあるのは、途切れることなく前進する文明への信頼、すなわちこれからも経済成長は続くし、エレクトロニクスなどの発達で教育や医療は進歩し、独裁や貧困はいつかこの世から忽然と消え失せるだろうという思いのように見える。しかしそんなにうまく事は運ぶだろうか?

| Business | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
A speech in the year-end party
 Thank you for giving me a chance to deliver an opening speech in English. It was a pity I couldn't make it in English instead of Japanese two years ago. I'm glad to keep up learning with my cheerful friends since then.
It is great fun learning English in Waseda, especially in this class. I feel a sense of belonging here. Everybody in this class is eager to learn English from our teacher, Madame T. We enjoy speaking and listening in English, a little hard to understand, though.
One day I had a School Day at my granddaughter's elementary school. She is a lively girl of the third grade. We parents and grandparents were happy to look at kids playing and learning in the ground and classroom.There was a harmonious relationship among kids and teachers. I feel the same atomosphere here in this class. It is a great environment. I hope this English class will last forever.
Thank you everybody.
| English | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP