After the Pleistocene

A memory of my ramble
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
西武百貨店の敗退

JUGEMテーマ:ビジネス


 JR船橋駅の南口に新しい道路がこの春開通した。駅前ビルFASEをぐるりと廻って本町通りの西向地蔵へ向かう「3・4・11道路」のことだ。3×4が11という半端な数字には意味がない。車の流れは非常に良くなった。人はパチンコ屋や飲み屋が集まった狭い路地(ここにはお稲荷さんもあるし、キリスト教会もあった。)をもう通らなくてもよいのだが、市役所などに行くのには皆まだこの路地を使っている。かって三田浜楽園と称された遊園地や歓楽街へは、この稲荷横丁という路地を大勢の人たちが肩がぶつかるほどに行き来したことだろう。
 しかし残念なことに、新開通の道路の入り口を占めている西武デパートがこの12月初めに閉店してしまった。今は目隠しの鉄板が周囲を囲っている。もう「お世話になりました。」の一言もない。あのオシャレなデパートは昨年50周年を祝ったばかりであった。勿論関係者は50周年祝いの時この事実を予想していたであろうが・・・。
 新聞報道によれば盛時1990年代半ばの三分の一ぐらいにしか売り上げが伸びないという。西武デパートがイトーヨーカドーの傘下に入ったことからか、イトーヨーカドーが南口にも進出するだろうと噂されているようだ。評判が良かったLOFTがただちに北口のヨーカドーに入ったのはさすがである。                       
 1960年代半ばこの西武が船橋に進出した時は、ちょっと皆が注目する存在だった。元の土地にはユアサの製粉工場があったかしら。サイロが4,5本立っていたと思う。もう記憶は怪しい。(いまでもこの店舗のオーナーは、ユアサ・フナショクになっている。) かってここには美術館があり、大きな書籍売り場があった。うまい中華料理が食べられた。私の好みかもしれないが、商品はちょっと高価だが都心のデパートと比べても垢抜けしていると思われた。1977年東武デパートが、1981年イトーヨーカドーが北口にできても、船橋周辺の団地群が急激に成長していた。しかし90年代後半から風向きが変わってきたようだ。団地周辺のスーパーマーケットが充実し、「ららぽーと」などアウトレットも近くに進出してきた。高価で凄くオシャレな商品より少しダサいモノの方が船橋では売れるということか。カミさんなんかの分析では食品売り場は東武の方が人気があったという。(最近ではJR船橋のガード下を占拠している「ふなばし生鮮市場」が改装して、しかも少し高級品も置くようになってかなり繁盛しているようだ。)誰かここら辺の、商業の栄枯盛衰をもっと分析したらきっと面白いものが出来上がるだろう。西武はお稲荷さんや地蔵さんにお願いをしたのかしら?
| Business | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
嗚呼50億円

JUGEMテーマ:モブログ


 カルロス・ゴーンさんはプライベート・ジェットで旅行しているのだから、何も好き好んでまた日本に戻ることはなかったのだ。行き先を変更して、自分の故郷のようなリオやベイルートで、ほとぼりが冷めるまでのんびり暮らしていたってよかったのだ。バハマなどのタックス・ヘブンで文字どおり天国の休暇を楽しんだってよかったのだ。悪くたってフランスに留まっていれば、ルノーを後ろ盾にして闘えたではないか。
 ある新聞記事は、“Nissan's Ghosn is gone.”と見出しを打ってゴーンさんを過去のものに無理やりしてしまった。かの“Gone with the Wind.”のモジリである。まだ64歳の働き盛り、消え去るには早すぎる。ゴーン式の合理化で首を切られた日産・三菱系の社員は大勢いるだろうが、いまや世界的にこのような事業展開は至極当たり前の話になってしまった。大手のシャープでも松下でも東芝でも数えきれない労働者が解雇された。ゴーンさんに厳しく当たる日本のマスコミは、果たして合理化の名のもとに首を切られた人々に温かいまなざしを注いでいたろうか。経営方針のミスを取り上げることはあっても、従業員の生活・待遇についてはいつも見過ごされてしまった。ゴーンさんが得たかもしれない50億円のボーナスを羨んでいるのは、もしかしたらマスコミだけかもしれない。
(注)50億円の報酬に驚くことはない。2006年にポルシェのCEOヴェンデリン・ヴィーデキング(54歳)は1億ドルの報酬を得ている。三好範英『メルケルと右傾化するドイツ』 P.207
| Business | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
今年の文化祭

JUGEMテーマ:趣味


 今年もまた船橋市の文化祭の季節がやってきて、このあたりの地域の人々をいろいろ駆り立てた。餅つきや焼きそばの屋台は大いに繁盛し、様々なグループによる展示会も盛んだった。三階の大ホールでは、私が所属している太極拳クラブも参加、下手くそながら私もまた演技を披露した。まともに見られたら誠に恥ずかしいの一語に尽きるが、隣の人の所作を見よう見まねで必死についていった。5年も6年も続けていてまだ一向に上達が認められない。
 今年の文化祭には、太極拳で全部で4チームが参加していた。それぞれ15人以上はいるから、太極拳のファンはいま相当増えているのだろう。特筆すべきは私のクラブに4月から若い大男のイギリス人,M君が参加したことで、この会場でも紹介された。彼はちょっとシャイな人柄だけれど研究熱心で、日本語もほぼ理解できる。その彼が中国風の表演服を着て演技した。短期間に相当上達している。
 彼が我クラブに入ってきたとき、私は英語で彼にあいさつした。だいぶ長い間ここで練習しているがいまだ未熟で、あなたに太極拳を教えることはできないと断っておいた。何だ、コイツは!と彼は思ったかもしれない。
 しかししばらくして、私が
  “I'm sure you'll soon leave us behind."
と言ったら、身をよじるようにしてテレ笑いをしていた。今回初めて公衆の前での演技で、一緒に演技したみんなの批評を聞いたところ、自分の演技で精一杯で他人の演技を見ている暇はなかった、と後の慰労会で語って皆を笑わせた。
 立派な表演服を着こんでこれから舞台に向かおうとするとき、私は彼に訊ねた。
   “Do you know a proverb?Fine clothes make the man."
 彼は知っていると頷いて、私の拙い英語に微笑した。「馬子にも衣装」が通じたようだ。
| sports | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
タンパク質が足んないよ

JUGEMテーマ:モブログ


 ・・・・なあ、お前ェ、S(小生の名前)、言っとくけどなあ、タンパク質が足んないよ!昼間からもっと肉を食べねば。動きが鈍くなっていないか?物忘れが酷くなっていないか? なんで酒ばかり食らっているんだ。だからダメなんだよ、お前は!お昼にステーキを注文しろ。もっと青みの魚を食え。若い人に交じってなんかしているか?彼らの溌剌としたエキスを嗅ぎ取っているか?・・・・
 嘗ての上司Kさんは、80歳を超えた年齢にかかわらず,いまだその凄まじい舌鋒は衰えない。同じ会社で一緒に仕事をした期間は5年に満たないけれど、今でもこうやって愉快に毎年交流している。その後彼はこの会社を追放される憂き目にあったが、その実力をいかんなく発揮して違う会社の社長職、会長職も歴任した。しかしその生活態度はいまでも飄々として全然変わらない。彼の一番の話は、かってわれわれが一緒だった時の会社の社長が、自分の娘の婿を優秀な社員の中から選ぼうとして、自宅に呼んで一緒に食事をしたりしていた話で、Kさんもその候補の一人であったそうな。ところが彼にはもうすでに決まった女性がいて同棲までしていた。どういうわけかそれがすぐ社長にバレてしまったらしい。その時の社長と彼の気まずい対決。まだあの頃は(1960年代)そんな優雅な時間が流れていたのだね。
| Food | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
地震、台風、パソコン・ウィルス

JUGEMテーマ:モブログ


 凡そ三日間行方不明だった二歳の幼児をまるで魔法のように探し出したボランティアの尾畠さんのように、北海道胆振方の地震で土中に生き埋めになった人々を救い出せたらどんなに素晴らしいことだろうと思った。大量の土砂崩れですでに三日過ぎて40人以上の犠牲者を数える。北海道全域の発電装置が全面的にブラックアウトしてしまったのは、もしかすると国防上の秘密ではなかったのか。また今年は台風も次々襲ってきたすでに21号に達する。大抵の日本家屋は一度に200ミリの豪雨に遭遇すれば被害は広がるばかりだ。交通や電気・通信のライフラインはズタズタにされる。それにしても新関西空港の連絡橋を破壊したタンカーの船長はその不注意を責められても仕方がない。
 この様な自然災害だけでなく、パソコンの不具合も意気消沈させられる。このブログの更新も二カ月あまり進まないで読者には大変申し訳ない。Smart-Pc-CareとかDriver-Updaterなどひっきりなしに画面右隅に登場して煩わしいこと夥しい。腹立たしいことに消しても消してもまた現れる。パソコンの動きも非常に遅い。どうやらウィルスに感染したらしい。それにしてもマイクロソフトやノートンはなにをしているのだろう?金を返せと言いたくなる。
 先月末に信州駒ヶ根に旅行して、高原の温泉に浸って旨いものを食べてきた。しかし旨いものが目の前に次々現れてももうそんなにたくさんは食べられない。クヤシイではないか。日本一高度のロープウェイに乗って千畳敷カールで遊んだが、駒ケ岳(宝剣)の登りがまるで反り返って圧し掛かるほどに急に見えたのは少しショック。駒ケ岳には若い時2度も登頂したことがあるのに。もう登山は無理だなあとカミさんに話した。養命酒の工場見学までして長寿を願ったのに、これもまたクヤシイ話である。
| Diary | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
映画 「チャーチル ノルマンディーの決断」

JUGEMテーマ:映画


 近年ウィンストン・チャーチルに関する映画が数多く企画されているように思えてならない。「英国王のスピーチ」、「ダンケルク」、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」などなど。これは今世界がもっとしっかりした指導者を望んでいる現れと見るべきなのだろうか。しかしこの映画は、首相の彼がノルマンディー作戦を前にしてその成功を危ぶみ、連合軍のアイゼンハワーやモントゴメリ将軍からもこの作戦から排除される非常に弱い立場に立たされて途方に暮れる姿をわれわれに見せつける。なによりも彼が第一次世界大戦の海相として指揮したガリポリ作戦で、25万の若い兵隊たちを死傷させた上陸作戦の大失敗が尾を引いていた。あと2,3日後に予定したノルマンディー作戦の変更を連合軍の首脳に必死に迫るのだった。
 ブライアン・コックスが演じるチャーチルは、ゲィリー・オールドマン演じるチャーチル(「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」)より10歳ぐらい年老いて病身のように見え、やたらウィスキーをガブガブ飲むし葉巻を吹かす。そして妻のクレメンティーン(ミランダ・リチャードソン)から平手打ちを食らったりした。最後はしかしノルマンディー上陸した暁に、素晴らしいスピーチをして将兵を励ますのだった。やはり皆に愛されている人の『言葉』の威力はすばらしい。監督 ジョナサン・テプリッキー
 
| Movie | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP